ハワイで生きる

Month: September 2009

見えないけれどあるもの

見えないけれどあるもの

昨日空を見ていて、ふと思い出したスペイン語の詩。 Mimi訳だとこんな感じかな。     空を見上げてごらん     見えるかな?    夜空に輝く星たちを     陽が昇り    明るくなると見えなくなるけど    ずっと空にあるんだよ     青空に星があるように    僕の愛もそこにある 素敵な詩。考えてみると、見ないけれどある大事なものっていっぱいあるよなぁ・・・ 最近昔ながらの友達に言われてハッときた言葉もある。 「知識はいくら持っても荷物になりませんからね」 (by ゆーじくん) うーん、みんな素敵な哲学者を持っている。 そんな事をじっくり考えていたら、机の上にある、こんな言葉が目に入った↓ そうだ・・・私今宿題してたんだ・・・しかも締め切りまであと3時間・・・

リーシュが切れたら・・・

リーシュが切れたら・・・

昨日はチャンズでサーフィン。ビーチへ着くと、私のシェーパーであるベン(アイパ)が波チェックしてた。 後ろから「ワッ!」って脅かしても、びくともしてくれない・・・まるでクマさん。 「そんな見てないでとりあえず入ろうよぉ!」って誘っても、腰が重いベン。 「ミミが入って15分以内に5本乗ったら入る。」と言うけれど、日曜のチャンズでそれは難しいなぁ・・・ 4本は乗れたけど、1本足りない。でもベンはその数分後にパドルアウトしてきた しばらくすると私の板のテール部分を誰かがいじっているのを感じ、振り返ると、私のリーシュをはずそうとしてるベンがいた。 どうやら自分のリーシュが切れたらしく、見付かった!?って顔しながら、 「お前はまだ若いから泳げる!もうすぐ70歳の俺を泳がすのか!?」って言ってる相変わらずお茶目なベン。 もちろん泳がせます!健康でいて欲しいから:) 帰りはファーマーズ・マーケットでブレックファスト。 野菜ブースはいっぱいあったけれど、一番元気でかわいいお姉さんのブースで購入。野菜も美味しそうに見えた☆ そして夕方の雲。水の中から、水面を見上げてるみたいに感じて気持ちよかった。

最高の仲間

最高の仲間

この間久々にヨーグルトランドへ行った!楽しかった☆ 今日はまる一日、学校の日。 朝7時から夜7時までなのに、楽しいから「あっ :o」という間に終わる。 さらには授業が終わった時はかなり寂しい・・・でもすごい達成感で気持ちいい。 本当に楽し過ぎる!サーフィンと同じくらい楽しいから、サーフィンしなくても全然気にならなくなってきた。 楽しい理由は、ここまで一緒に勉強してくれる人とやっと巡り合えたからだと思う。 気になることは課題と関係なくてもとことんリサーチし、納得するまで話し合え、情報交換も惜しみなく、弱点は助け合う。みんなウィットにも富んでて、毎日笑いっぱなし。 そして今日は何かが開けた。脳天に「カーン」て来た。 この間提出した論文が今日帰ってきて、結果はB+。先生からのコメントは、 「内容は最高だけど、文法のミスが少々あり。参考文献の情報漏れ。」 えっ?それだけでA+が一挙にB+へと落とされた・・・ 留学生に何を求めてるんだ!とつっこむものの、よく考えたら着いて行くのがやっとのクラスだったのに、一ヶ月間で「内容が最高」に成長してた 他の課題はギリギリA。ふうっ・・・Bをもらったクラスメート達はものすごい悔しそうで、 「次はA+取らないと・・・明日5時集合ね!」 と回りに居た人を半強制的に誘い、勉強会への集合をかけていた。聞こえないフリをしている私には、しっかりとテキストメッセージが届いた・・・さすが良く見てる・・・ 普通はBだとそこまで悔やしがらないのになぁ・・・やっぱり似たもの同士の集まりだ。 一緒にがんばって、お互いを高めあえる人達。 これが最高の仲間ってやつなんだろうなぁ・・・

朝日エネルギー

朝日エネルギー

普段は眠り姫の私だけれど、ノースのシーズンは早起き。 というのも、朝6時を過ぎると高速の渋滞が始まる。6時前に出遅れると、次に出発できるのは渋滞のひく8時半以降。するとノースに着く9時半ごろには、風きはじめ、混雑も増える。 そんなプレッシャーがありベットから無理矢理起きるのだけれど、早起きする度に常に思う。 「早起きは三文の徳」 だって海の面はキレイだし、水はやわらかいし、人少ないし、渋滞にはまらないし、サーフィン終わってもまだ9時前。 そしてなんと言っても、朝日からのエネルギーがすごい気持ち良くて、一日が爽快な気分で始められる。 特に海の中では、朝日が水面に反射してパワー倍増。気持ち良くて溶けそう・・・ 1セッション後はビーチでブレックファストしながら、木陰見つけて勉強しても、次の仕事や学校までに十分に時間もある。 頭もスッキリしていて、海の音が聞こえる場所では、論文を書くのに最適な環境。 時間の余裕が心の余裕を作ってくれる。早起き万歳!

素敵なプレゼント

素敵なプレゼント

今日は一週間ぶりにノースでサーフィン。 朝は3-4ftくらいでとてもコンディションが良く、久々にノースで朝日を浴び気持ち良かったぁ。 そして伊豆から来た下山夫妻に素敵なプレゼントを頂いた↓ ビーチグラス☆ ハワイではグリーンやホワイト、茶色は良く見えるけれど、水色やブルーはめずらしい。 以前にその話をしたら、伊豆では青が落ちていると言って、今回拾ってきてくれた。中にはこんなにめずらしい、スカイブルーとコバルトブルーも! これから何を作るか考えていると、とてもワクワクする。 粋なプレゼントをありがとう☆

夢だから

夢だから

最近ものすご~くよく聞かれる質問↓ 「そんなに勉強してどうするの?」「ビジネスだったら学校より実践のほうが学べるんじゃない?」 私の答えはひとつ「夢だから!」 もともと子供の頃から夢だった「卒業式でキャップとガウンを着たい!」ていうのを叶えるために大学に留学して、もう2回も着れた☆ 1回目の卒業式では、首席になると卒業式の主役になれると聞いてがんばってみた。代表でスピーチができたり、卒業の証にキャップのヒモを右から左へやるやつの号令もかけれたりと、これは最高にいい思い出。 2回目の卒業式では、もうこれで最後だぁと思っていとき、偶然最初の卒業式も一緒だった友達と遭遇。そこで、 「みみちゃん、あそこ座ろうよ!」って前列に座っている院生の席を指差された。 さらにその前には博士号の人達がいて、名前を呼ばれ卒業証書をもらうと青いスカーフをかけてもらえ、そして舞台上に上がり、こっちを向いて席に座るのだけれど、高齢が多く、みんな頭真っ白。そこまで努力したんだぁ・・・ていうのが目に見えて、これがまたカッコ良く見えた。 「あそこに上がれるかはわからないけれど、とりあえず前の列に行きたいね。黒いガウンも着たことないし・・・」 なんて迷ってたら、その友達は「私はやるよ!次は院の卒業式で会おうね!」 なんて粋なことを言われ、なんか衝撃の瞬間。これも運命!とういうことで、そこから院行き意識し始めた。 ビジネスを選考したのは、家族みんなが勉強したいことだから。別に将来ビジネスする気も今はないし、次の夢は「お母さん」 仕事を辞め、今がチャンス!人生一度だし、いつ死ぬかわからないし、人生フル回転させたいし、お金も時間もかかるけれど、とってもいい投資。 夢に向かって生きてるから、毎日が充実。眠いときだけは辛いけど、あとは全部楽しい☆ こんな感じで私はあまり先のことは考えていない。ただ言えるのは、 毎日努力を続けられば成果はでる↓成果がでれば、笑える↓笑ってれば、いいことあるさ