ハワイで生きる

Month: November 2009

ハワイの英雄 vol. 3

ハワイの英雄 vol. 3

久々にログインしてビックリ、なんと10日ぶり! 最近ペーパーの山に埋もれあまり寝れず、1日48時間ペースで生活していたから、リアルタイムとの差に驚いた・・・ 長らくお待たせしました・・・10日前の続き。 今までほぼ勝つことのできなかったチームを11勝3敗という好成績を収めるまでにし、彼のパスの正確率は72.6%とカレッジフットボールの最高記録となり、また他17項目の記録も塗り替えた。 そしてNFLプロリーグから25億円のオファーが来た。これはコルトだけではなく、ハワイ大学ウォーリアーズのコーチ陣や選手達にとっても衝撃のニュース。コルトがいなければ、ウォーリアーズは弱小チームに逆戻り・・・ そしてコルトの決断は・・・・ 「ハワイで成長した今の自分が好き。 ハワイは安心感をくれた僕のホーム。 ここをまだ去る準備はできてないから、 ハワイに残る。」 と、卒業までのあと1年間ハワイに居残ることを表明。 このニュースには、もちろんハワイ中が大騒ぎ。特に25億円を蹴ってまでの彼の決断は多くのメディアを騒がせた。ガールフレンドのシャクティーは、 「島一つ買えてしまうくらいのお金だけど、ハワイでの経験は買えないから・・・」 というアドバイスをしていたらしい。 またコルト居残りのニュースを聞いたチームメイトのジェイソンは、 「遅く届いたクリスマスプレゼント。 でも僕達はチームの前にまず友達、 どんな決断をしたとしても応援する。 でも居残るという決断はとてもうれしい。」 と、熱いコメントをしていた。 チームメイトは大喜び☆ この頃、ノースショアへ行くとき、高速道路から見える手書きのメッセージがあった。シーツにスプレイペイントでこう大きく書かれていた。 「コルト、君はハワイの英雄だ。そしてハワイの人間だ!」 本土から来た典型的な白人が、ハワイアンにここまで受け入れられることはほぼない。 そしてこの後コルトは頭を刈り、ハワイ地図を髪に染めた。 この時コルトはハワイのヒーローとされメディアからの大注目受けていたので、ちょっとバカなことをすることで、 「どんなにチヤホヤされても、今までと変わっていない自分をチームメンバーに証明したかった」 と言い、どこまでもチームメンバーを思いやっていた。でもこの行動は、メディアやファンには「ハワイへの愛」と映り、彼の人気度はますますアップしていった。 そしてコルトが居残った4年生最後の年、チームはまさかの12勝、なんと無敗の成績を誇り、ハワイ史上初、「シュガーボウル」という全米チャンピオンシップ大会へ進んだ。 シュガーボウル進出はハワイの人達の夢の中のまた夢。 これでコルトの「やり残したこと」は達成された。 そしてコルトは全米のベストフットボールプレーヤーに送られる、「ハイズマン・トロフィー」候補にノミネートされ、惜しくも3位に終わった。でもハワイ大学を代表してなんて、夢のような事実。 コルトがプレーしている時代はハワイ中の誰もがテレビにかじりつき、フットボール中継のある日は近所からの声援が聞こえるほど。いつもはガラガラのアロハスタジアムも、この時ばかりは満席。 この後コルトはウォーリアーズのヒーローとしてだけでなく、学業においても成績優秀者として卒業した。卒業後は、NFLのレッドスキンズへ入籍。 コルトはフットボールの実力だけでなく、ハワイで自分が人間として成長していくとで、ハワイの人の心をここまで熱くした。 コルトがハワイで大きく学んだことは、お金でも名誉でもなく、家族や友達といることの大切さだという。 ハワイが助けてくれたから、ハワイに何かを返したいと思ったその気持ちは、ハワイアンの一番大事な思想である「Malama Aina (土地を大切にする)」そのもの。 *Malama Ainaハワイの神話上では、第一のハワイアンはタロイモ。そしてその弟が人間。 弟が土地を大切に耕せば、やがて兄であるタロイモが沢山の実をつけ、人間を食べさせるというお話。 今でもハワイではコルトの話が出るたびに、みんな熱くなって語りだす。

ハワイの英雄 vol. 2

ハワイの英雄 vol. 2

おとといの続き・・・ コルトはハワイで新しい人生を始めることを決意し、まずハワイという土地に溶け込もうとした。 ハワイは白人へ対する人種差別がある。カリフォルニア出身で典型的な白人のコルトが受け入れられることは容易ではない。 しかもコルトのポジションはチームの指令塔であるクォーターバック。フットボールはクォーターバックの能力次第で、試合の勝敗が大きく決まる。 白人ということだけではなく、途中からの編入生でありながら、リーダーとしてチームを引っ張っていかなければいけない。 そんななか、チームのディフェンス(ブロックする人)にサモア人が多いことに気付いたコルトは、まずサモア語の授業を取り始めた。 語学の授業は通常よりも単位数が多く大変なのにもかかわらず、約2年間学び続けた。2年目にはサモア語で作戦を指示していたという。 チームのレシーバー(走る人)は全員ブラックで、ドレッドヘアが特徴。絆を深めるために、コルトを髪を伸ばし始め、そしてドレッドを結った。 インタビューの際にはチームメイトのプレイに熱くコメントし、ビデオミーティングの時には全員にピザを買い与えた。 ハワイはこの彼の意思を認め、チームメイトも彼を中心に動くようになった。彼はより一層ハワイを愛するようになったという。 その彼の行動はフットボール以外にも現われ、ある日定期的に通う保護監察所に、袋いっぱいに服を入れ寄付として差し出した。この成長ぶりに保護監察官も心を動かされたらという。 そしてハワイ島出身の電気も水道もないところで育った女の子と出会い恋に落ち、ハワイの文化、大自然を一層学んでいった。 結果、初年度にほぼ勝つことのなかった弱小チームを11勝3敗するようにまで押し上げ、しかも彼のパスの正確度はカレッジフットボールの数々の記録を塗り替えた。 私のクラスメートにジェイソンというフットボール選手がいた。大学でフットボールをプレイし続けるためには、ある程度の成績をとらなければいけない。なので勉強を教えて欲しいと頼まれた。 一緒に勉強しているとき、こんな話を聞いたことがある。 彼は昔からフットボールをプレイし続け、途中で燃え尽き2年間もプレイをせず・・・でも一緒にプレイをしたいう相手と巡り合え、またフットボールに復帰したって言ってた。それがコルトだって、後々知った。 チームメイトと本当に仲が良く、いろんな話をしてくれ、チームスポーツっていいなぁってよくうらやましがってたのが懐かしい。 でも優秀になれば、スカウトは来る。たった1年でこれだけの成績をあげ、NFLから25億円のオファーが来てしまう・・・ つづく・・・

ハワイの英雄 vol. 1

ハワイの英雄 vol. 1

昨日はハワイ大学(UH)のフットボールゲームがあった。 カレッジフットボールは日本でいう甲子園、試合以外にも涙あり笑いあり、多くの人が心を熱くしてテレビの前で応援する。 な・の・に・・・昨日のノースショアでは、どこのバーもカレッジフットボールを放映せず・・・でもそこには原因がある。 2年前の今頃はハワイ中の人々がテレビの前にかじりつき、ハワイ大学のチーム「UH ウォーリアーズ」を応援していた。その応援の凄さといえば、近所から大きな声援が常に聞こえ、テレビがなくても試合状況がわかるほど。 そこには一人の青年がチームを盛り上げ、UHウォーリアーズをハワイ史上初の最強チームにしたこと。 彼の名はコルト・プレナン。 彼が卒業したと同時に名コーチも移籍。チームも一挙に勢力が途絶え、今ではテレビ放映さえも減ってしまった・・・ 改めて崇拝する彼の存在。 当時のUHフットボールは本当に凄かった。フットボールの知らない私でさえも、涙を流してしまうほど。 私も同時期にハワイ大学へ通い、選手達の勉強を手助けしていたことがあるため、当時のことがとても身近に感じる。 今日彼について改めて記事を読んだけれど、彼の話は凄すぎて1日では書ききれないほど。 でも、この話は多くの人とシェアしたいので、少しずつ書くことにした。 ============================================================================= フットボールはアメリカの国技のひとつとして知られる。そして唯一プロリーグのない州がハワイ。 UHのフットボールは以前から「弱小チーム」として知られ、才能のある選手達はハワイ大学でプレーをしたがらない。そのためUHウォーリアーズが強くなれる日は今までになかった・・・ そんなある日、コロラド大学で1人の名プレイヤーが大問題を起こしてしまった。それがコルト。お酒に酔っ払ったコルトは女性寮に忍び入り悪ふざけをしてしまう。 度が過ぎていたため警察に逮捕されてしまうのだけれど、その当時コロラド大学のフットボールチームは性犯罪についての疑惑が多くかかっていたため、想像よりも深刻な問題に転じてしまった・・・ もちろん大学からは追放され、収容所にも送られた。それからも犯罪者として裁判の繰り返しの日々。 プロリーグ(NFL)に期待されていたのに、これで将来がなくなってしまった。けれどフットボールをしたいという気持ちは消えず、運よく両親のつてで、カリフォルニアの小さなカレッジでフットボールをプレーできるようになる。 そこでは心を入れかえフットボールに打ち込み、なんとそのチームを一挙にチャンピオンシップへ連れいて行ってしまうものの、まだ社会はそう簡単に許してくれない。 そんな時スポーツ・レポーターがそのチームのビデオをハワイ大学のコーチ陣へ見せた。目的はコルトではなく、他の選手の移籍が目的。なのに当時のヘッド・コーチはコルトから目が離せなくなってしまう。 ヘッド・コーチの名はジューン・ジョーンズ、NFLのコーチ経験もある名コーチ。ジューン・ジョーンズはその2人の選手をハワイへ招き、インタビューすることにした。 ハワイ大学は有能な選手が欲しいため、2人にかなりいい条件を出した。1人はこの条件を蹴り他の大学へ進み、一方コルトは受け入れるのだけれど、それはおいしい条件だけではなかった。 アメリカ本土でのバッシングに精神的にいっぱいだっため、ハワイの美しさ、そしてメローなペースにすっかり癒されたという。「この島で人生をやり直したい」という気持ちから、ハワイ大学への移籍を決定。 でもここで問題がひとつあった。通常移籍選手の場合、特に問題を起こしてしまっている選手は突然1軍からのスタートができない。そこで彼の才能を見抜いていたジューン・ジョーンズは、ハワイ大学の説得へ入る。 す・る・と・・・ハワイでは「青年の過去の失敗はしょうがない」というとっても心の大きな文化を持っているので、問題児はウェルカム、以外にすんなりと問題が片付いてしまった。 これもハワイならでは それどころかUHウォーリーアズの選手達はサモアやトンガの血統が多く、トップ選手でさえも前科もちが多い。 コーチ陣も、 「カレッジ・フットボール協会を通して選手を探すよりも、収容所へ行ったほうがいい存在が見つかると思う・・・」 と冗談を飛ばすほど・・・そして「前科者」ということが大きな心の傷であるコルトに対して、 「ハワイでは普通のことだから、全く気にすることはない。」   (ハワイの現状を良く知る人には、笑ってしまうほどの事実) と言って、コルトが思い切りプレーできる環境を作った。 ここからコルトのハワイでの旅が始まる・・・

サーフィン三昧

サーフィン三昧

久々にハワイに小百合がやって来た。 小百合は日本を代表するプロサーファーで、WCT(世界トップツアー)に一番近いサーファーガール。なんと北海道出身だから、その気合の入れ方がよくわかる。 昔からものすごい生意気なうえに、輪をかけてひねくれまくっていたので、15歳も年下だけどよく本気で喧嘩していた。 けれど私にはその生意気さがたまらなく可愛く、また昔の自分とダブル部分も多い。 小百合のすごいところは子供の頃からしっかりと夢を持ち、それに向かって無限の努力を惜しまないだけではなく、確実に目的を達成してきている。 だから何を言っても食いつきが良く、そして吸収が早いので一緒にいて面白い。小百合が14歳の頃のコンテストでは、 「一番いい波が来たら、意地でも誰も行かせずに必ず乗って来な!」 って言ったら、激しい波取り合戦の末に、遠慮なく相手にボードを「ガツン」とぶつけ、相手を下ろさせた上にインターフェアを取らせ、堂々とリッピングしていた。 そんな小百合の行動は心を熱くしてくれ、またコンペティターとしての才能を確信。最近はすっかりとお姉さんになり、性格もとってもまるくなってきているのがちょっと寂しい・・・ 今日は久々にダレンも一緒に入り、その上達度にビックリ。 ながーいテールスライドを決め出し始めている・・・42歳にして、どんどんサーフィンが上手になるからすごい。 そんなダレンは、ビッグウェーバーとして知られるエリックを道端で拾って連れてきた。 車が壊れているので、雨の中7kmをの道のりを歩こうとしていたらしい・・・ビッグウェーバーとして知られるだけあるなぁ・・・ この面子でいると話すこともサーフィン尽くしで、めずらしく2セッションも思いっきりサーフィンした。 思いっきり体を動かした後には、テッズに大好物のエクレアをGETしに行ったのだけれど、新種のチョコレートパイがあり、冷蔵庫の前でしばらく硬直・・・ 結局エクレアにした☆ 久々のサーフィン三昧は楽しかったなぁ。 小百合といるとサーフィンがさらに楽しくなるよ。ありがとう。

孤独とプレッシャーの先には・・・

孤独とプレッシャーの先には・・・

ここ一週間、勉強しても頭に入らず、気力もない・・・気持ちだけ焦っていて、何もタスクが終了していない・・・ 周りに相談してみると、どうやらこれが「Burn Out(燃え尽きた)」という現象らしい。 院での初セメスターということ、そして3ヵ月目という周期のせいか、突然ドッときた。 ありえないくらいの課題の量に、ものすごいプレッシャー・・・でもプレッシャーってストレスだけど、とても良い結果を招いてくれる。 大学だってきっとビザとか奨学金とかいうプレッシャーがなければ、良い成績どころか、卒業だってしてなかったと思う。 孤独感もそう。孤独を感じているときほど、感性が敏感で普段見えないものが見えるから、やさしくなれたり、感性が豊かでいられる。 だからそういう時に撮った写真を見ると、とってもすごいパワーを感じる。 これは私がハワイへ来て間もない頃、カウアイ島へ一人旅したときの写真。 ハワイへ移り住んだ時には、英語だけでなく現地のカルチャーなどを早く吸収したくて、日本語の話せる環境から離れるように意識していた。もちろん知り合いも全くいなく来たし、現地社会に溶け込むには時間がかかる。 一人旅は慣れているものの、孤独を感じることも多い。そういう時は誰もいない場所へ行くといい。 山の中へドライブしていくと、可愛い子犬を発見。車を停めると人懐っこく寄ってきて、どんどん奥へ誘導された。 その犬と同じ目線でふと上を見上げたら、なんと木の上に親子発見。こんなところに人が・・・しかもどうやってあそこまで上ったんだろう?って不思議に思った。 むこうもそんな山奥で人に遭遇するのはめずらしいらしく、 「めずらしいところで会うなあ・・・」と驚かれたもの。話を聞くと野生に暮らす、どうやら現実版ハックルベリー。 しかも大自然の中ではとても頼れるお父さん。 着いて行くと、面白いところへ連れて行ってくれた。 普通のロープスイングではなく、壁スレスレを行く回転スイングを教えてもらったり、 7~8メートルくらいの崖を犬も連れて飛び降り、そのまま丸太につかまって川を下降したり、 メチャクチャな体験をした。 これも孤独な時間があってこそできた、普通じゃありえない素敵な体験。今頃この2人&1匹はどうしてるのかな? 孤独は寂しく、プレッシャーは辛い。 でもその先にはいいことが待っている☆

サーフィンにはまった理由

サーフィンにはまった理由

今テレビを見ていて、ラマーというレイカーズの選手の一言にハッとした。 彼がバスケットボールにはまった理由は、お母さんが亡くなって以来いろいろ辛いことがあり、バスケをしている時は全てを忘れられたからと言っていた。 そういえば・・・・私がサーフィンにはまったのも同じ理由だ! サーフィンを始めたときは波なんて乗れないし、泳げないし、船酔いするし、その後数ヶ月がんばってみたものの、才能がないんだなぁ・・・って続かなかった。 でも父親が亡くなった時、生前やさしくしてあげられなかったことに自己嫌悪・・・まさに「親孝行したい時に親はなし」で、半年間は落ち込んで、仕事以外はほぼ家に引きこもった。 でも鵠沼海岸に住んでいたせいか、周りの人はいつもサーフィンについて楽しそうに語ったり、雪が降っていても海へ向かっていた。不思議に思ったその時の海。 こんなにみんながハマるのには何かがあるのかな?って思い、またサーフィンに興味を示した。 まず春に泳ぎを克服することから開始。時間のあるとき市民プールへ通い、泳ぎの練習。夏が来たら会社を辞めて、サーフィンに専念してみた。 運動神経はかなりいいはずなのに、サーフィンだけはなかなかうまくいかない・・・ できないからこそもっとはまり、行けるとこまで突っ走ろう!と決意。 ふと気付いたたった今、サーフィンを始めた理由はすっかり忘れていた。それどころか、当時の心の痛みもすっかり忘れている。しかも今はハワイにいる。 思い返せば、突っ走っている間は周りを見れず、いろいろなものにぶちあったったり、落し物をしたり、なんかいろいろあったけど、 「Everything happens for reasons」(全ての出来事には理由がある) サーフィンを通していろいろな人に出会い、いっぱい笑って、いっぱい失敗し、いっぱい学んだ。 最近は学校が同じくらい楽しいから、サーフィンとの間にちょっと距離があいたけど、改めて思う・・・ サーフィンと出会って本当に良かったなぁ。