ハワイで生きる

Month: September 2011

NALU 10月号

NALU 10月号

現在発売中のサーフィン雑誌「NALU」に、私の妊婦サーフィンが紹介された。 思い出になるとてもいい機会を頂き、エイ出版さんに感謝☆ そして素敵な写真を撮ってくれた、ポール・テルヤ、ジム・ウォルシュ、セキグチ・アツコちゃんありがとう。時間があったら、是非読んでみて下さい。 お腹を大きくしてサーフィンをしていた妊婦期間が既に懐かしい・・・ ボードを運んだり、パドルアウトしたりするのはいつもより大変だったけれど、エンゾと一緒に波に乗れる感覚は楽しかったなぁ・・・ あと数ヶ月したら、今度はノーズに乗せて一緒にサーフィンできるから、それもまた楽しみ。 今のうちに寝て、いっぱい休んどいてね♥ もうちょっと大きくなたら、遊びで忙しい日々が続くだろうから・・・

ホッと一息・・・

ホッと一息・・・

最後に外に出たのは10日前。こんなに屋内にいるのは人生初かも?! 出産前は、こんなに外出できないのは辛いだろうなぁ・・・と想像していたけれど、思った以上に痛みが大きく、どんなにお天気が良くても家にいるのが全く苦ではない。 世の中のお母さんたちは、みんなこの痛みを通ってきたのかと思うと、本当にすごいなぁ・・・と、最近よく思う。 でもちょっと気晴らしするために、ナオミさんとドライブへ行ってみた。 通常約一ヶ月は外出してはいけないとのことなので、人気の少ないポイントを目指してドライブ。 久々に浴びる太陽は本当に気持ち良くて、キラキラと光る水面はとっても眩しかった。 いつも見慣れた景色はとっても新鮮に感じ、ともかく鮮やかなブルーとトレードウィンドに包まれて、体がクールダウン。 木陰を見つけて一休み。 それにしてもよく寝るこの子・・・ 私の母は、 「お腹にいた時にサーフィンだのなんだの、 散々引きずり回されて疲れているから、出て来て自由になってからは寝たいのよ!」 と言うけれど、 確かにそうなのかもしれない・・・ 寝っぱなし・・・ このドライブでかなり気分リフレッシュ☆ さらにはナオミさんがエンゾをちょっと見てくれ、ペディキュアへ行かせてもらった。足をちょっとマッサージされただけで、驚くほどの痛み。そうとう内蔵に負担がかかってたんだなぁ・・・と実感。 ペディキュアの後は、足元スッキリで、気分もスッキリ☆体の調子が一挙によくなった☆ おうちへ帰ると、二人がとっても気持ち良さそうに仲良く昼寝していた♥ なんか見ていて、とってもうれしくなった ドライブにつきあってくれ、素敵な写真を撮ってくれ、喜んでエンゾをみてくれた、ナオミさんに大感謝。 お陰様でグッとパワーアップ!

命名

命名

命名: Enzo Hokulii Horiuchi (エンゾ・ホクリイ・ホリウチ) 漢字はこれからゆっくり考える予定。 ベイビーは半分イタリアンなので、イタリア語でも日本語でも英語でもOKなユニバーサルな名前を考え、これに落ち着いた。 私がこの名前を初めて聞いたのは、映画「グラン・ブルー」の中。フリーダイバーであるジャック・マイヨールの幼なじみ&ライバルであるジャン・レノが演じた役の名前。 この映画に私はかなり強い印象を受け、イタリアへ遊びに行ったほどであった。 その映画の中で、岸壁でパスタを食べるシーンにはとても憧れ、鵠沼に住んでいる時には、幼なじみでその映画を共感していたエマと,よく江の島トップの岸壁にあるレストランへ行き、その気分を味わいに行っていた。思いっきり日本食だけど・・・ 去年久々にエマと再会した時も、やっぱりそこへ行ったほど思い出の場所。 またエンゾとは、フェラーリの創始者であり、幻のフェラーリのモデルの名前でもある。 もともとこの名前の由来は、イタリアの子供達の天使の名前らしい。 ブラジルの最強ファイターの名前もエンゾらしい。 ともかく強い男になって欲しい!というのが、私のベイビーへの思い。 いくつかの候補の中から、クラスメイト達が全員一致で選んだのがこの名前。 けれどベイビーはまだまだ小ちゃくて、この名前は強すぎる・・・ なので、最初はつけなくてもいいかな?!と思っていたミドルネームで、私がベイビーを見ていて、ふと感じた印象をつけてみた。 それがホクリイ。ハワイ語で小さなお星様という意味。 ジャック・ジョンソンの歌のひとつに、古代の人達は空を見上げるたびに、星は天国へ通じる穴だと思っていたというのがあり、ベイビーは私にとってまさにそんな存在。 顔を見ていると、Twinkle Twinkel Little Star(キラキラ星)が流れてくる。 イタリア語のファーストネームと日本語のラストネームを、ハワイ語で繋いでみた。 最近はETからちょっと成長して、ヨーダになってきたエンゾ。 これからよろしくお願いします。

天使が舞い降りてきた

天使が舞い降りてきた

今朝起きると、日本にいるベストフレンドから励ましのメールがきていた。 2児の母である彼女からは、どうやってあらゆる痛みと戦うかという経験談やアドバイスが書かれていて、とても参考になり、力付けられた。 「今日は気持ちを新たにがんばるぞ!」と言い聞かせ、一日がスタート。 まずボディーワークに詳しいナオミさんが正しいストレッチ方法を教えてくれ、体内が炭酸水になったかのように、シュワッと浄化された気分。 スッキリ気分でのんびり朝ごはんを食べていると、「ミミさ~ん!」と来客。元産婦人科ナースのケイコちゃんで、、授乳の影響で私の体の痛みがピークになるだろうと察し、手助けに来てくれた。 ちょうどベストフレンドから聞いた通りのことを、プロの手で実行してくれた。かなり容赦なくされたけど、ホラッ!とうれしそうに効果を見せてくれ、 こっちではこんなに手とり足取りやってくれる人なんていない! そしてこの後は、驚くほど体もメンタルもスッキリ☆まるで別人。スゴイ!スゴイ!スゴイ!さすがプロ!!! そして正しい授乳方もコーチングしてくれ、実行したらなんとベイビーもまるで別人!いつも以上に、ものすごいスッキリした表情を見せた☆ そしてグッスリ♥ 二人でかなり大幅にステップアップ☆わずか数時間で別世界! なんかケイコちゃんが天使に見えた! 今にも産まれそうな身重の体を引きずりながら手伝いに訪れてくれた、ベイビー付きの天使☆本当にありがとう。 夕方になると、サーフィン後にマリちゃんが立ち寄ってくれ、 マユちゃんは私の願い、「産み落としたら、シャンパンで乾杯!」を叶えてくれようと、シャンパンを片手に現れ、さらに美味しいおつまみを作ってくれ、 そしてムツミサン&Joonさんも採れたてのアボガドで作ったディップを持って遊びに来てくれ、 そこへナオミさんの手料理が加わり、 ポットラックパーティーになった☆ みんなでのんびり、ものすごく気が休まり、心が癒えた時間。 毎日感じる。友達の支えがなかったら、歩いてもいられないだろうな・・・ みんな本当にありがとう。 私も人の支えになれるように努めたい。

一人じゃできないこともある

一人じゃできないこともある

今朝はものすごい痛みで目が覚めた。 出産の痛みを味わってまだ傷が癒えていないまま、今度は授乳の痛み・・・ 今までで味わった痛みの中でも最高潮に痛く、ハレイワで8フィートの波に思いっきり揉まれた時より辛い・・・ これを世の中のお母さん達みんな経験していた痛みだと知り、これから経験するさらなる痛みを想像すると、 世の中のお母さん達は、みんなワイメアぐらい軽くサーフィンできると思う。 今日はベイビー誕生から5日後の初検診。 ドキドキ☆ まだヨタヨタ歩きの私とベイビーを、ナオミさんが連れて行ってくれた。 ベイビーのカーシートを移動させたり、遠くに駐車したり、書類記入中に泣き出すベイビーをあやしたり、 一人だったらかなり大変だったけれど、ナオミさんがいてくれたから全てスムースに終了。 家でも炊事&洗濯&掃除全てを完璧にこなしてくれ、部屋の中が今までにないほどピッカピカ。家にいるのがいつも以上に気持ち良い。 ご飯も体にやさしい日本食、しかも毎日心が明るくなるような素敵な盛り付け。今日の箸置きは庭でとれたシソの実。 お味はハワイで味わえないザ・日本食テイスト!まるで実家にいる気分。 デザートは裏庭で見つけてきてくれた、スターフルーツ。これなってるの知らなかった! すごい意地悪そうな顔をしているけれど、りんごのように甘くて美味しかった。 こんなスーパー介護だけでなく、心の支えにもなってくれている。 痛くて目が冷めた時、親身になって話を聞いてくれ、ネットでいろいろ調べてくれ、そして一緒になって痛みを取る方法を試してくれる。 いつもだったら「病は気から!」なんて言って外に出て気晴らしたり、寝るだけ寝て治してしまおうとするけれど、今回に限ってはどちらもできない・・・ 体が不自由になると、心も元気がなくなる。 もしナオミさんが一緒に家にいてくれなかったら無理だった。かなりウツに入っていたと思う。 今までの私の哲学の中では、人間なんでも一人で結構できるものだった。妊娠が発覚した時も、一人でも何とかこなせるだろうなんて自信があったけれど、 今回学んだ。一人じゃできないこともある。 そしてこれだけのサポートを惜しげなくしてくれる、ナオミさんに心から感謝してもしきれない。 そんな自称バアヤを名乗る、スーパー産婆役のナオミさんは、勝手に友達のボードにピンクのワックスで自分の名前を書き、海へと向かっていった 常に楽しむことも忘れない、そんなナオミさんを私はスーパーウーマンだと思う。 ベイビーと私をまとめてお世話してくれてありがとう☆ 6日目のベイビー♥

ママいっぱい☆

ママいっぱい☆

ベイビーを産んでみたものの、ベイビーについては全くもって無知な私・・・ そして通常病院で手とり足とり教えてくれることがあるのだけど、年間で一番忙しかった週ということで放置され学べず・・・ とりあえず見よう見まねでやってみていると、耐えることなくお友達が様子を見にきてくれ、いろいろと教えてくれる! マユミちゃんは「あれ?足冷たいよ!温めないと!」と、さすが!体温とかわからないもんなー・・・ 私にいろいろと教えてくれる一方、サニーにもベイビーの存在を教えていた。 テキトーにベイビーを包んでいたら、「こうだよ!」と正しい包み方を教えてくれるマイコさん。 このいい加減な私の性格を知るマイコさんは、ナオミさんにもきちんと教えっていってくれた。さすが! ベテランママのステイシーは細かいこと、気付いたことを何でも指示してくれる。 ベイビーのいないお友達でも、みんな私よりずっとベイビーについて詳しく、私が抱っこする時間なんてないほど、ずーっと見てくれている。 普段はバリバリのビジネスウーマンで常に厳しい表情だけど、ベイビーにベッタリのダイアン。しかもものすごい扱いが上手! できる女はなんでもできるもんだなぁ・・・ 6人兄弟の長女でベイビーの扱いが手慣れているジェニー。 世界中でいろいろな動物と接していたナオミさんに、人間の生まれたてはチョロイっぽい。 「人間の子は未熟ね。鹿は産まれた時から逃げる能力を持っているのに。」と、なるほど!うちのベイビーが山やサバンナにいたら、あっという間にパクッと食べらてしまうなー・・・ こうして女性のベイビーへの対応を見ていると、母性とはすごいものだなぁ・・・とつくづく感じる。 日本の家族から離れているけれど、こうして友達に力になってもらい、そして学ぶ子育て。 こんなお手本になるママがいっぱいいてくれて、うちのベイビーはラッキーだ☆ だからこそこんなに安心して寝てられるんだろうなぁ・・・