ハワイで生きる

Month: November 2012

久々にマウイ!

久々にマウイ!

いつも日帰りでマウイへ出張しているダイアン。 今回は数日、しかもカナアパリのとってもいいホテルに泊まるというので、エンちゃんとナオミさんと一緒に着いて行ってみることにした。 イエイ!エンちゃん2度目の飛行機☆ 空港へ着いて、誰を待っているかというと・・・ マウイといえばカナさん! 初ワイレアにて☆ オアフ島のことならどんなジャンルでも隅々知っている私だけれど、マウイにはカナさんというブレインがいてくれるので、マウイのことは頼りっぱなし。 今回も空港へ迎えに来て頂いただけでなく、車まで貸して下さった。 またエンちゃん用にカーシートまで用意してくれ、おかげでオアフから大きな手荷物が減り、とっても身軽に移動が出来た。 さらにはサーフボードを2枚、そしてリーシュやウエットスーツ、ビーチマットなど、海へ行けるグッズを全て車に入れてくれた。 何から何までお世話になりっぱなし・・・ カナさんちのガレージはボードやウェット、ダイビンググッズ、その他海用具いっぱいで、その辺のショップ顔負け! エンちゃんはすっかりカナさんにべったりで、さらにはワンコ2匹にもいっぱい遊んでもらい、抱き上げると「帰りたくない!」と怒っていた。 赤ちゃんて不思議と愛情をくれる人をわかるんだよなー。 カナさんのお家はキヘイにあり、ロッジもやっているし、サーフガイドやパドルボードレッスン、またダイビングやスノーケリング、その他にもマウイでのいろーんなサービスを提供している。 メディア関係の方たちもカナさんのところにお世話になり、情報もいっぱい提供してもらっている。 マウイのことならなんでも知っているカナさんのサイトは、http://www.mauidayz.comマウイへ行きたい方には、かなーり以上にオススメ!何でもベストなアレンジをしてくれる。 カナさんから車を引き継いだ後は、カナアパリでダイアンと合流。そしてホノルアベイをチェックしに行った。 相変わらず波がいい! そしてホヌアカイリゾート内にあるフラグリルの姉妹店「デュークス」で一杯飲みながらプールで遊び、夜はウェイラーズビレッジにあるさらなる姉妹店「レイラニズ」でみんなでディナー。 プライムリブにベイビーバックリブにクラブレッグにいいワインにスーパー贅沢!メインランドから来たデュークスの御偉いさんも一緒に☆ ダイアンとカナさんのおかげでとっても身軽に気軽に久々にオアフから離れられ、初日からかなり気分をリフレッシュできた。 私にとって、ものすごーいリトリート。 今日も感謝の気持ちいっぱいで床に就く。 ありがとうでいっぱい☆

最近ハマったレストラン =ジャマイカン=

最近ハマったレストラン =ジャマイカン=

ここ数年、考えたら同じところばかりに食べに行っている。 保守的になってきてるのかなー。。。 なので行ったことのないレストランをチャレンジするように心がけることにした。 そしてまずは近所にあるジャマイカンレストラン。 今までは目にも入らなかったし、ジャマイカン料理ってなんだ?と想像もつかなかったけれど、 マユちゃんがなかなか良かったというので、早速行ってみた。 そしてイチオシのジャークチキンを頼んだら。。。 美味しくてビックリ! すごい丁寧に作ってあって、とても美しいプレゼンテーションで、余計な味がしなく、いろーんなものがすごい量乗っていてそしてこれでなんと13.95ドル! ワイキキだったら29ドル以上くらいしそうなお料理。 しかもラスタマン達はベジタリアンが多いから、ベジーなメニューも充実してる。 しかもBYOB!飲み物持ち込み! エンちゃんがご機嫌ななめだったため写真をあまり撮らなかったけれど、 夜はスチールドラムの人もいて、こんな中米を感じれる雰囲気。 レストランの名前も忘れたけれど、既にランチにも行ったほどお気に入り。 カイムキのヒマラヤンキッチンの一階にありますよん。 スパイシーなのが好きな方にはかなりオススメ!

セクシーサイキック 日本上陸!

セクシーサイキック 日本上陸!

私が以前に書いた、ハワイで人気急上昇中のセクシーサイキック「スタトン・アン」が、http://blogs.yahoo.co.jp/mimi96816/archive/2012/4/11 なんと来月日本へ行くことになった! 前回見てもらったのは7ヶ月前。確かに彼女に言われたことで、それはないなぁ・・・と思うことが起きた。 最近いろんなところでバッタリと会い、なんとご近所さんと気づいたので、日本に行く前にまた会いに行ってみた☆ 今回はマユちゃんとジュリも誘って、彼女の素敵なおうちで見てもらった。 こーんな感じで見てもらい、 まず最初に見てもらったマユちゃんは、サイキック的な(霊能的?)なことをバシバシ!って言われたらしい。 サイキックなスタトンだけど、未来は自分の力で変えれるということを強く信じる彼女は、サイキック的なアドバイスより、スピリチャルヒーラーとしてどうやって道を切り開いていくかということアドバイスをして活躍している。 もともとスピリチャルなジュリはその効果が早速出たらしく、今日会ったら、「なんかすごいスッキリしてるのー」と言っていた。 私はといえば・・・ 実は自分でコントロールできない迷ってることがあり、でもどうしていくかいろいろ計画を立てている最中で、 まー一応聞きに行こう!という程度で行ったのだけど、 「あなたは今自分の力で全てを切り開いて行くみたいよ!」 と、計画中なことがバッチリ読まれていた。 でもこれとは違う答えが本当は欲しかった・・・「こういう人が出て来て、ポンッて考えてることを形にしてくれるわよー」みたいな・・・ まー、そー簡単にはいかないんだなぁ・・・私の人生・・・ 彼女の日本でのセッションは: 日  時: 12月3日と4日、場  所: 広尾のプレゼンス ホリスティック サロン 詳しい情報は:http://www.statonann.com/japan まだ告知したばかりだけれど、既に予約が入って来ているみたいなので、興味のある方はお早めにご予約を。

ボーイズタイム

ボーイズタイム

今シーズン初めてノースへ行き、サーフィンの前にコンテストを見に行った。 今までは毎年この季節になるとノースショアを攻めていたので、サーフィンの合間にコンテストを見るのは当たり前だったけれど、エンちゃんが生まれてからは初めて。 コンテストブースの前を通ると、わずか50メートルくらいの道なのに、何人もの人が声をかけに来てくれたり、子育てとサーフィンのバランスについて語ってくれたり、なかには遠くからハグだけをしにきてくれたりする人もいて、なんかとっても温かくてうれしかった。 私がコンテストを始めた時、日本人女子は全くいなかったから、ローカル社会で受け入れられるまで辛いこともいろいろあったけれど、コンテストを続けて本当に良かったなぁと思った。 大きな波の音をバックに居心地が良いだけでなく、お祭り騒ぎのビーチではエンちゃんも忙しいらしい。 私も知らない人のところへ勝手に自分を招待して、ボーイズタイムを楽しんでいる。 この方はモクレレ航空のご子息らしい。 それどころか甘えにいってみたり、 この方はLostサーフボードのシェーパーらしい。 そんなにうれしいの?! また勝手に車に乗り上げ、普通に水中カメラマンのメンバーの一人になってたり、 ポテトチップスまで奪っている。。。 こんなエンちゃんを見ていると、男同士の時間の大切さを知る。 さらにはエンちゃんのおかげでさらにネットワークが広がるからまた面白い。 今年はコンテストいっぱい見に行こうねー。

そっとしておきたい素敵な場所

そっとしておきたい素敵な場所

数年ぶりに、あるビーチへ行ってみた。 行き止まりの道に車を停め、今までとは逆の砂利道を歩いて行くと、 昔のハワイを思い出させるような、とっても素敵な景色が広がっていた。 そしてビーチには遠くの方に数人いる程度で、またもや貸し切り状態☆早速パラソルを立て、みんなで基地を作った。 今回はエンちゃんとナオミさん、そしてマイコさんとケコアと5人なのだけれど、一緒に遊ぶというか、みんな好き勝手なことやってらー・・・ これをヨリで見てみると・・・ケコアは自由気ままにどこまでも歩いて突き進み、名前を呼んでも全くもって無視。マイコさんはフォトグラファーのようにみんなの写真を撮りまくって、 エンちゃんはビーチでお砂堀りに大忙し。 ナオミさんは来てからずっと逆立ちしている・・・ 私たちから見たらすごいのだけれど、ケコアから見るとただの変な人に見えるっぽい。 このビーチはどこまでも遠浅で波がなく、エンちゃんを放しておいても安全なほど深くならない。 今までは水の中で私の手を放したがらないエンちゃんだったけれど、今日はケコア兄ちゃんの真似をして、一人でいれるようなっていた☆ しかもケコア兄ちゃんは、エンゾをどうにか一緒に遊べるレベルに引き上げようと、手取り足取り教えてくれていた そして賢いケコア兄ちゃんは、なかなか自分で動こうとしないエンゾを浮き輪でつって動かすの成功! あんなところまで連れて行っていたからすごい! やっぱ子供同士ってすごいなー・・・ バァバはまだヨガしてらー! みんなでのほほん時間を過ごしていると、どこからともなくフグが現れた! すごい不思議!こんな浅いところに!ここの主と思われる。 ここは人の声も、波の音も、風の音もなく、なんか久々に自然の静けさを味わっ気がする。 家にいると暑いから、とりあえず海へサクッと行こうということだったのだけれど、とっても気持ちが良くて、ついつい長居してしまった。 人が集まり、何でもガイドブックに載ってしまうオアフ島で、こういうところはとっても貴重だなぁとつくづく感じた。 そして去年マタニティーフォトを撮ってくれたアツコちゃんが話してくれたことを思い出す。 アツコちゃんがマウイ島へ行った時、ある地元の女の子が写真を撮ってくれたお礼に、貝が沢山とれるビーチへ連れて行ってあげると嬉しそうに、地元の人しか知らない秘密の場所へ招待した。 けれどビーチへ着くと観光客が沢山いただけでなく、貝がビーチからほぼ消えていたらしい。そして「ここもガイドブックに載っちゃったんだぁ・・・」と哀しそうに言っていたという。 この話をしてくれたのも、私のマタニティーフォトを撮ってくれる時のことから。 「ミミさんの好きな場所で撮りましょう!」と言ってくれたのだけど、私がすごい迷ってしまった。「すぐ思い付きませんか?」と言われたのだれど、そうではなく地元の人にあまり人に教えないで欲しいと言われた場所であったからだった。 とても大切な人、大切な機会以外は人を連れて行かないと約束したことを正直に話すと、アツコちゃんはわかってくれていた。 それまでは珍しいところがあると、一人でも多くの人に見せたい、教えてあげたいと思っていたけれど、そっとしておく大切さんも学んだ。 今回行ったビーチも、そんなそっとしておきたい素敵な場所だな。 このままま静かであってくれるといいな。

いい街カイムキ

いい街カイムキ

私のうちからすぐのところにあるカイムキ。 今日はクラフトフェアがやっているとマユちゃんが教えてくれ、早速行ってみた。 カイムキの街からって何気に海が見ええるんだよなー。 小さなお店が坂の両脇に連なっていて、素朴なとってもかわいらしい街作りで、 その坂を登り切ってから下り出す先にちょこっと見える、この海の景色がとても素敵に思えたことを、今日ふと思い出した。 毎日通っている景色にふと感謝する瞬間。 日本から来たばかりのアヤちゃん☆ クラフトフェアはかなーりローカルで地味だったけれど、その地味さがまたたまらない。 なかには素敵なクラフトも! かなーり暑かったので、シェーブアイスを食べて体を涼めた。 ミルク味ベースのシェーブアイスは初めて! エンちゃんにとっては、クラフトフェアよりもシェーブアイスよりも、 大好きなアンクル達がいることがうれしいっぽい。 クラフトフェアへ行く途中、ジェルマイヤーとイーライがスケーボーで通り過ぎると、両手を広げて抱っこを求め、一緒に連れて帰ってと求めるほど。。。 やっぱ男の子はクラフトフェアよりスケボーなんだなー。。。 最近マユちゃんファミリーのおかげで、男ということを意識してきたエンちゃんは、アンクル達といると本当に幸せそう。。。 いつもウェルカムしくれて大感謝です。 とてもいい街には、とてもいい人達が集まっているんだなー。。。