ハワイで生きる

Month: May 2013

一人増えると・・・

一人増えると・・・

今日初めてベビーシッターをすることになった。 と言ってもよく遊ぶケコアなのだけど、人様の子供を預かるのは初めて! ケコアはエンちゃんより一つ上。この二人、ものすごーく気が合うらしく、 通常エンちゃんの年頃はまだ他の子達とはそこまで絡んで遊ばないのに、この二人はなんかいつも一緒にゴソゴソしている。 今日はケコアがいるからと、いつもは行かないご近所さん家の庭を調子に乗って攻めるエンちゃん。 「ケコアも来いよ!」と言わんばかりに手で呼びつけ、二人で探検開始。 そして吠えまくる犬を2匹見つけ、 真似して吠えまくる二人 実は数日前、お向かえの女の子達と遊び、なんとかごっことか、いつもと違った想像力を必要とする遊びをさせられていて、 今日預かる前はどうなるんだろう?大丈夫かな?とちょっぴり不安だったのだけれど、男の子の遊びはめちゃくちゃシンプル。 家の中で追いかけっこしまくり しかもひたすら・・・ ボールを渡すと、投げたり、転がしたり、並べてみたり、ずーっとボールで遊んでいた。 単純だなー・・・ しかももう一人いるとずっと一緒に遊んでいてとても忙しそうだし、真似しあったり、競争心がでてきたりでとてもいい刺激になっているらしく、いつもよりかなーり楽なことに気付いた。 二人ともずーっとケタケタ笑っていて、家の中も楽しい雰囲気☆ 喧嘩して泣き出しても、次に楽しいことがすぐ起きるから即泣き止む。 最近お風呂を面倒くさがるエンちゃんだったけれども、ケコアが入るからつられて入り、いつもよりずっと楽しそうだった。 ケタケタの笑い声に囲まれ、何と言っても私が幸せだった。 兄弟ってこんな感じなんだろうなー・・・やっぱ兄弟っていいなー・・・ 一人増えると、家の中がさらに明るくなる。 うーん。もう一人欲しくなるなー・・・

海外に住むということ

海外に住むということ

今日は私が毎年願い続けていたことが叶わなかった日。 そんなとき、運良くオーストラリアから来ているオキツ夫妻と時間が過ごせた。 オキツ夫妻はオーストラリアで永住権を取り、今では市民権をも獲得。 海外で永住権や市民権を得るには結婚が一番の近道。けれど結婚に頼らずそこまで辿り着くには、ものすごい、想像絶するほどの過酷な道のりが待っている。 学生で入国すればものすごい勉強量と学費が必要で、就労ビザのサポートしてもらえば、人の倍以上働いて給料は半分以下。 市民権がないと居住国からのサポートも受けられず、いろいろなものに対して権利もなく、さらにはやることなすこと制限だらけ。 「国民でない」ということがどれだけ大変なことか・・・ 全く自由に動けず、やりたいことはそう簡単に進まなく、半端ない精神力が必要。 私はたまに、「えたひにん」「カースト外」とはこういうことなのか?と感じるほど、アメリカで自分の立場の低さを感じる。 オキツ夫妻の言った「地獄を這うような生活をしてきた」と言うのに、ものすごーく共感できる。 血のにじむような思いをして自力で永住権を得て、やっと普通のスタート地点に並べたというオキツ夫妻。 けれどそこで同年代の人たちを見回すと、自分より遥かに高い収入とマイホームを持ち、生活レベルが全く違い、そこから同じところに追いつくのはかなり難しい。 私が日々感じているジレンマをしみじみ語ってくれ、私の今までの道のりと現状況をここまで理解してくれる人と話せたことで、ものすごーい励まされ、勇気をもらった。 本当に感謝。 でもこれも自分達が海外で住むという決意をし、自分の力で何とかしていくという道しか残されていないから、どんなチャレンジが続こうと突き進むしかない。 そんな普通じゃ想像できないチャレンジを二人で乗り越えたオキツ夫妻は、絆が強くとてもラブラブ。 私も早く二人のレベルに到達したい。

回りが全く見えていない・・・

回りが全く見えていない・・・

もう夜中の2時半! エンちゃんを寝かしつけながら、いつも一緒に寝てしまう私・・・ ともかく素敵な景色だけでもアップと思い、電話の中の写真を探すものの、 エンちゃんの写真しかない・・・ ママになるとこうなるとは聞いていたけれど、本当そうなんだなー。 回りが全く見えていない・・・ ずっとさかのぼって、12月までいきやっと発見! ワイマナロのお家で行われた同級生のの結婚式。 お料理からデコレーションまで全て自分達が手がけ、 神父様もフォトグラファーもサーバーもみんな友達で、本当に愛たっぷりのセレモニーだった。 いつまでもお幸せに・・・ 私もいつか結婚してみたいなー・・・