ハワイ

ワイキキ散策

投稿日:

一ヶ月ぶりに、サユリが遊びに来てくれた。

昔は「ミミちゃん、迎えに来てぇ!」と甘えん坊のサユリだったけれど、
今ではノースからバスを乗継ぎ、2時間半もの道のりを、
まるで家出少女?と思うほど大きな荷物をしょってくる。

そんな姿を見ると、たくましくなったなぁ・・・とうれしく思う。

そしてその中には、重いのにテッズベーカリーのパイを丸ごと一個お土産に入れてきていて、
心優しさも垣間見えた。成長してるなぁ

とりあえず3人でカイマナビーチでクルーズ。

さすが野生児。
動物や赤ちゃんと速攻通じる。

そしてしばらくすると、笑ってお話していたエンちゃんが突然大泣き。
今までに見たことがないほどで、私もかなりビックリ。
何をしても泣き止まない。

ハチが飛んでいたから刺されたのか?アリに食われたのか?
と、二人で全身チェックするものの異常なし。

日陰に入れるとちょっと落ち着いたものの、すぐ大泣き。
何なんだろう?

サユリいわく、暑かったからだという。

確かにそうかも!
SPF100のビーチパラソルの下に置いといたけれど、
いつもと違い、洋服を脱いでいて、カーシートにも入っていなく、そして太陽が真上にくる時間だった。

カーシートは熱いかと思ったけれど、よく考えたらクーラーボックスにもあるように、
ビーチでは熱から守るし、洋服も来ているほうが熱を直に受けない。

私は熱くなかったけれど、赤ちゃんには十分熱く感じたらしい。
学んだなぁ・・・

大泣きがやまなかったため私達は着替えする暇もなく、急いでワイキキまでひたすら散歩。
するとやっと落ち着き始めた。

「わかるよぉ、エンちゃん。サユリも海が嫌な時あるもん。」
とつくづく自分の思いを話しかけ、世界を回っているプロサーファーのそんなサユリの姿がかわいかった。

そしてそのままワイキキ散策。
モアナサーフライダーの前で、エツさんとカナちゃんにエンゾを紹介。

そして隣のフラグリルに立ち寄り、アンティー・ダイアンのところでクールオフ。

お土産屋さんでサングラスをトライ。

すごーい!エンちゃんピンプみたい☆

ロイヤルハワイアンショッピングセンターにダカインのお店があってビックリ!

ハワイ発店舗☆

ロイヤルハワイアンホテルのツリーは、ホテルカラーでやっぱりピンクだった。

特に何することもなく、ひたすら歩くだけで楽しいワイキキってすごい。
水着のままでもOKだし、ビーチと都会が上手に混じっ合っている。

帰り道にはご機嫌も直って、エンちゃん気持ちよさそうにグッスリ。

若いのにエンちゃんをよく見てくれたサユリに感謝。

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.