ハワイ

名言 by 本田宗一郎

投稿日:

卒業まで残りは論文のみ。

久々にベットでこれでもか!というぐらみまでゆっくり寝れて、気分とてもスッキリ☆

そして1~2週間ぶりにサーフィンへ行こう!と思ったものの、
波は小さく、風がどんどん強くなってきている・・・

勉強しろってことか・・・と論文のリサーチを開始。

今日書くのは交渉&商談のクラスの論文。
そこで様々な経営者のコミュニケーション方法についてリサーチしていると、
とても素晴らしい名言の数々に出会った。

そのなかでも本田自動車の創始者である本田宗一郎さんの言葉は、
とてもシンプルで共感できることが多かった。

私は高校生の頃、本田の社員食堂で働いている社員から、
こんな話を聞いた。

「いつも食堂の片隅でそっと従食を食べているお爺さんが、
 本田の創始者の宗一郎さんだよ。」

その頃はバブル絶頂期で、多くの従業員が毎日外食をしていたときで、
その彼の姿を想像すると、とても印象的だったのを今でもよく思い出す。
「人生は見たり、聞いたり、試したりの3つの知恵でまとまっているが、
 多くの人は見たり聞いたりばかりで一番重要な“試したり”を
 ほとんどしない。

 ありふれたことだが失敗と成功は裏腹になっている。
 みんな失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない。」
私自身、聞いても、見ても、とりあえず試してみないと気がすまない体質で、
そこでよく失敗をし、「ほら言ったでしょ!」と言われることが日常茶飯事。
なのでよく怪我をする・・・

それにしても失敗を人一倍経験する私。
そんな私をさらに励ましてくれる名言もあった。
「私がやった仕事で本当に成功したものは、
 全体のわずか1%にすぎないということも言っておきたい。

 99%は失敗の連続であった。そして、
 その実を結んだ1%の成功が現在の私である。」
とか、
「私の現在が成功というのなら、
 私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることになる。
 私の仕事は失敗の連続であった。」
どの世界でも成功している人の話を聞いてると、
みんな誰よりも数多くチャレンジしている。

そして私のチャレンジ精神の多い基質をさらにサポートしてくれる言葉もあった。
「チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ。」
なるほど。
じゃぁ、このままでいいのかな?思わされる。

成功して悟ったした人の言葉は重い。

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.