ハワイ

ハワイの英雄 vol. 3

投稿日:

久々にログインしてビックリ、なんと10日ぶり!

最近ペーパーの山に埋もれあまり寝れず、
1日48時間ペースで生活していたから、
リアルタイムとの差に驚いた・・・

長らくお待たせしました・・・
10日前の続き。

今までほぼ勝つことのできなかったチームを11勝3敗という好成績を収めるまでにし、
彼のパスの正確率は72.6%とカレッジフットボールの最高記録となり、
また他17項目の記録も塗り替えた。

そしてNFLプロリーグから25億円のオファーが来た。
これはコルトだけではなく、ハワイ大学ウォーリアーズのコーチ陣や選手達にとっても衝撃のニュース。
コルトがいなければ、ウォーリアーズは弱小チームに逆戻り・・・

そしてコルトの決断は・・・・

「ハワイで成長した今の自分が好き。
 ハワイは安心感をくれた僕のホーム。
 ここをまだ去る準備はできてないから、
 ハワイに残る。」

と、卒業までのあと1年間ハワイに居残ることを表明。

このニュースには、もちろんハワイ中が大騒ぎ。
特に25億円を蹴ってまでの彼の決断は多くのメディアを騒がせた。
ガールフレンドのシャクティーは、

「島一つ買えてしまうくらいのお金だけど、ハワイでの経験は買えないから・・・」

というアドバイスをしていたらしい。

またコルト居残りのニュースを聞いたチームメイトのジェイソンは、

「遅く届いたクリスマスプレゼント。
 でも僕達はチームの前にまず友達、
 どんな決断をしたとしても応援する。
 でも居残るという決断はとてもうれしい。」

と、熱いコメントをしていた。

チームメイトは大喜び☆

この頃、ノースショアへ行くとき、高速道路から見える手書きのメッセージがあった。
シーツにスプレイペイントでこう大きく書かれていた。

「コルト、君はハワイの英雄だ。そしてハワイの人間だ!」

本土から来た典型的な白人が、ハワイアンにここまで受け入れられることはほぼない。

そしてこの後コルトは頭を刈り、ハワイ地図を髪に染めた。

この時コルトはハワイのヒーローとされメディアからの大注目受けていたので、
ちょっとバカなことをすることで、

「どんなにチヤホヤされても、今までと変わっていない自分をチームメンバーに証明したかった」

と言い、どこまでもチームメンバーを思いやっていた。
でもこの行動は、メディアやファンには「ハワイへの愛」と映り、
彼の人気度はますますアップしていった。

そしてコルトが居残った4年生最後の年、
チームはまさかの12勝、なんと無敗の成績を誇り、
ハワイ史上初、「シュガーボウル」という全米チャンピオンシップ大会へ進んだ。

シュガーボウル進出はハワイの人達の夢の中のまた夢。

これでコルトの「やり残したこと」は達成された。

そしてコルトは全米のベストフットボールプレーヤーに送られる、
「ハイズマン・トロフィー」候補にノミネートされ、惜しくも3位に終わった。
でもハワイ大学を代表してなんて、夢のような事実。

コルトがプレーしている時代はハワイ中の誰もがテレビにかじりつき、
フットボール中継のある日は近所からの声援が聞こえるほど。
いつもはガラガラのアロハスタジアムも、この時ばかりは満席。

この後コルトはウォーリアーズのヒーローとしてだけでなく、
学業においても成績優秀者として卒業した。
卒業後は、NFLのレッドスキンズへ入籍。

コルトはフットボールの実力だけでなく、
ハワイで自分が人間として成長していくとで、
ハワイの人の心をここまで熱くした。

コルトがハワイで大きく学んだことは、
お金でも名誉でもなく、家族や友達といることの大切さだという。

ハワイが助けてくれたから、ハワイに何かを返したいと思ったその気持ちは、
ハワイアンの一番大事な思想である「Malama Aina (土地を大切にする)」そのもの。

*Malama Aina
ハワイの神話上では、第一のハワイアンはタロイモ。
そしてその弟が人間。

弟が土地を大切に耕せば、やがて兄であるタロイモが沢山の実をつけ、
人間を食べさせるというお話。

今でもハワイではコルトの話が出るたびに、
みんな熱くなって語りだす。

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.