ハワイ

サーフィンにはまった理由

投稿日:

今テレビを見ていて、ラマーというレイカーズの選手の一言にハッとした。

彼がバスケットボールにはまった理由は、
お母さんが亡くなって以来いろいろ辛いことがあり、
バスケをしている時は全てを忘れられたからと言っていた。

そういえば・・・・
私がサーフィンにはまったのも同じ理由だ!

サーフィンを始めたときは波なんて乗れないし、泳げないし、船酔いするし、
その後数ヶ月がんばってみたものの、才能がないんだなぁ・・・って続かなかった。

でも父親が亡くなった時、生前やさしくしてあげられなかったことに自己嫌悪・・・
まさに「親孝行したい時に親はなし」で、半年間は落ち込んで、
仕事以外はほぼ家に引きこもった。

でも鵠沼海岸に住んでいたせいか、周りの人はいつもサーフィンについて楽しそうに語ったり、
雪が降っていても海へ向かっていた。
不思議に思ったその時の海。

こんなにみんながハマるのには何かがあるのかな?って思い、
またサーフィンに興味を示した。

まず春に泳ぎを克服することから開始。
時間のあるとき市民プールへ通い、泳ぎの練習。
夏が来たら会社を辞めて、サーフィンに専念してみた。

運動神経はかなりいいはずなのに、サーフィンだけはなかなかうまくいかない・・・

できないからこそもっとはまり、
行けるとこまで突っ走ろう!と決意。

ふと気付いたたった今、サーフィンを始めた理由はすっかり忘れていた。
それどころか、当時の心の痛みもすっかり忘れている。
しかも今はハワイにいる。

思い返せば、突っ走っている間は周りを見れず、
いろいろなものにぶちあったったり、落し物をしたり、なんかいろいろあったけど、

「Everything happens for reasons」
(全ての出来事には理由がある)

サーフィンを通していろいろな人に出会い、
いっぱい笑って、いっぱい失敗し、いっぱい学んだ。

最近は学校が同じくらい楽しいから、
サーフィンとの間にちょっと距離があいたけど、
改めて思う・・・

サーフィンと出会って本当に良かったなぁ。

Copyright© ハワイで生きる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.