ハワイ

幻のサーフビデオ

投稿日:

今朝のノースは無風で、2-4ft(胸ー頭半くらい)のパーフェクトコンディションだったらしい。

でも今日はゲンキのせいでノースへ行けず、ダイヤモンドヘッドでサーフィン。
頭ちょいくらいでまぁまぁだった。

というのも、昨夜「明日学校まで迎えに来てぇ。」と可愛く頼まれた。
しょーがないので今朝はパーフェクトなノースを諦め、ゲンキのためにタウンにいると、

「やっぱり僕、今日お迎えいらない☆」
というふざけた電話が来た・・・しかも中途半端な時間に・・・
これにはもちろん激怒!

タウンの波もイマイチだし、こんな時はベンのところへ行くことに・・・
工場へ着くと、早速昨日折れた板の検証に入った。

私のボードはなんと以外にもクラークフォーム(Clark Foam)だったらしい。
現在入手困難で、最近はとても高級なボードにしか使われないのに・・・なんてもったいない・・・
というか、なぜベンは未だにClark Foamを持ってるのか不思議。
さすが長年のベテランなんだなぁ。

フォームは芯へ行けば行くほどやわらかくなるらしく、Clark Foamのテンプレートは厚い。
なのでいつもより耐久性がなかったらしい。

なので今回使うのはKing Foam。
このテンプレートはもとはWalkerというフォーム会社(Clark Foamより古い会社)のためにドンさん(ドナルド・タカヤマ)がデザインし、それをベンが修正したもの。
もともと薄く仕上がってくるので、強そう。

Foam選びに1時間以上もかかっていると、だんだん昔の話になり、ベンがすごいお宝映像を持ってきた。

20年くらい前のベンのサーフコンテストのビデオ。
なんとボンガ(パーキンス)やジョーイ(バレンタイン)がまだ子供で、Boys部門にいる。

チャイナ(ウエムラ)もベンもまだまだ若く、レル・サンのサーフィンもたくさん写っている。
とても美しく、ほれぼれしてしまう。

このコンテストの日にちをアンクル・チャイナにあげ、夏の大イベントであるChina Uemura Longboard Classicになったらしい。

早速家に持ち帰り、今DVDに転送中。

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.