ハワイ

ちょっと笑える話 「引き算」

投稿日:

おととい、カイトの高校1年生の数学を手伝っていたときの話。

カイトは毎日学校が終わると、すぐに海へ行き、サーフィンをしまくって夜7時ごろ帰ってくる。
家に着いた瞬間に夕飯を食べ、食後の彼の脳みそは殆ど停止状態。

たまに食べながら寝ている・・・
でも宿題があるので、叩き起こす。

今は関数を習い始めたところ。

あまりにもやる気がないので、式は書いてあげ、あとは簡単な計算だけをさせる。
そんなに甘やかしても、鉛筆を持つ気力も残っていないので、声を出して計算を呼んであげる。

「じゃぁ、2.6X - 5.9Xは?」と聞くと、30秒くらいたってから、
「ひけないよ・・・」と答えられた・・・

「2.6ひく5.9だよ。」ともう一度聞いてみると、
「ひけない!」と言い切られた。

こいつヤバイ!
ゲンキがいつも言っているのがやっと解った!と思ってママに言いつけると、

「ママにも同じ問題だして。ママそろばん一級だから。」

そして同じ問題を出すと、

「ひけな~い☆ムリよぉ。」と言っている・・・・

どうやら、そろばんは引く数が大きいのはできないらしい・・・。

親子でこれだもんなぁ・・・と思って、笑い話としてこてこてハワイアンのダレンに話すと、

「2.6ひく5.9?」と確認してから、黙り込んだ・・・どうやらダレンもわからないらしい・・・。

「じゃぁ10ひく20は?」と聞いたら、
「10だよ!」と自信を持って言っていた。

ダレンいわく、ハワイでは0より小さい値は気にしないので、どうでもいいらしい。

一応、「マイナス」という値を教えると、
「そんなの使わないじゃん!あっ、フットボール始まる。」

と軽く話をかわされた。

とてもシンプルな考え方。面白い人達に囲まれてるなぁと、とても幸せに思った。

写真はノースへ向かう道。
海がまだ茶色いの見えるかな?

ちなみにダレンはこの間の大嵐の日にマカハで入り、まんまと病気になりました・・・
今日は病み上がりで、抗生物質を飲んでのサーフィン。
まだフラフラらしく、チューブから出てくる時フラフラしながら出てきてた・・・
そこまでして、サーフィンがしたいのかなぁ???

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.