ハワイ

ライバルの腕の中に・・・

投稿日:

昨日ふとアンディー・アイロンのことを考えた。

アンディーをご存知ない方、
アンディーはカウアイ島出身のプロサーファー。

サーフィン界のスーパースターであるケリー・スレーターの唯一のライバルであり、
ケリーを抑え、3度と世界チャンピオンのタイトルを獲得した。

どちらかというと生意気で、とってもイケイケなアンディー。

メローでジェントルマンな性格のケリーとは真逆で、
言いたいことは何でも言ってしまい、ムカツイたら試合途中でもサーフボードを投げつけて帰るという、
かなり問題児なところもあったけれど、

かなりの負けず嫌いでコンペティションに強く、
ヒート残り30秒でケリーを負かし逆転優勝してしまうという、奇跡を起こす存在でもあった。
私はそんなアンディーの大ファンだった。

2010年11月、残念ながら突然の病で亡くなってしまい、その時奥さんのリンジーは妊娠9ヶ月だった。

その1ヶ月後、2代目アンディー、アンディー・アクセル・アイロンが誕生した。
その日は毎年ケリーとアンディーが火花を散らす最終戦のパイプラインマスターズの開催日。
まるで「俺はここにいる!」と、息子を通してメッセージを送ってきているようだった。

そして1年ちょっとたった今、

ケリーの腕に抱かれていた。

アンディーそっくり・・・
なんかこの写真にはウルルンときた・・・

あの頃のWCT(世界トッププロのコンテスト)はアンディーとケリーの接戦が熱くて、
ライブで欠かさず見ていたなぁ。

アンディー・ジュニア、
これからきっと強く育っていくだろうな。
いつかエンちゃんと一緒に波乗りする日が来るかもな。

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.