ハワイで生きる

Category: 水中写真

サーフコンテスト・障害者部門 =アクセスサーフ=

サーフコンテスト・障害者部門 =アクセスサーフ=

デュークス・オーシャン・フェストでは、障害を持つサーファーのためのコンテストも開催されていた。 これがまた、とてもインスパイアされるすごいイベント!   海へ行きたくないというエンゾをアイスクリームで釣り海へ連れて行くと・・・ 車椅子に載ったサーファーが波チェクをしていた。   そして見回すと車椅子だらけ!   サーフボードもすごい工夫がなされている!   そして片足や義足のサーファーだけでなく、両足のない人が這いながら海へ入って行く姿を見ると、   「ママー!あの人すごい!!!両足ないのに手で歩きながら、サーフボードに乗っていった!SO COOL!!!」   と、目を丸くしながら大感激している。   すると「Hi Enzo!」とちょっと年上の男の子が登場し、すかさず海の中へ飛び込んで行った。 どうやら空手で一緒のクラスらしい。   そして散々「海へ行きたくない!」と言っていたエンゾだったけれど、お友達を追いかけ、さっさと服を脱いで海の中へ消えていった・・・ 気が変わるのはやっ!!!   ちょうどお友達のカイちゃんも来て、遊びながらも、体の不自由な人がどのようにサーフボードに乗るかをじっと見ていた。 白いTシャツを来ている人達がボランティアで、海の出入りを手伝っている。   私もこの光景を見ていたら、昔バテンスというアフロヘアーのレジェンドサーファーが、盲目の人を頭以上の波に乗せたり、 義足の人をチューブに入れていたのを思い出した。   このコンテストはアクセスサーフというNPOの団体が開催している。 エンゾがいなくなってしまったので、とりあえずアクセスサーフのテントに荷物を入れに行くと、「Hi Enzo’s Mom!」と声をかけられた。   するとさっきの男の子のお父さんらしく、毎週2回も空手で会っていたにも関わらず、全く気付かなかった・・・ 最近すっかりアンティーな私・・・   そして話し出すと微妙にアクセントが聞こえる。 「あれ?もしかして耳聞こえていない?」と聞くと、「I’m deaf! (僕は知覚障害者だよ!)」と軽く返された。   エンゾはすっかりアクセスサーフの団体様御一行になって遊んでいるので、私はヒートの写真を撮りに海に出た。   […]

夢は追う!やりたいことは、とりあえずやってみよう!

夢は追う!やりたいことは、とりあえずやってみよう!

この一週間、重い日が続くなか、良いニュースもあった。   それは16年越し、念願の水中写真撮影用のハウジングが届いたこと。 エンゾが帰って来れない日々が続いたので、嬉しいけれどもお疲れ顔・・・   サーフィン撮影に興味を持ってから16年。 大学で写真学やデジタルメディアを3年も勉強したものの、留学生の分際では高価なハウジングまでに手は出せず、 増しては、高価なカメラを水中へ持っていくリスクなどしょえなかった。   200ドル程で買える水中カメラは何台も所有するものの、深く潜りすぎて、最後の一台以外は見事全て水没させた。 しかもそういうカメラはシャッタースピードが遅いので、イルカが可愛い顔しても、 シャッターが切れる頃には、そっぽを向いていたり、とても悔しい思いを沢山した。   3ヶ月前、とてもチャーミングな紅一点で組織を引っ張る、とても魅力的な女性と出会い、   「これから何がしたいの?」   というシンプルな質問に、とても心を動かされた。   正直プアラニのお店を去って以来、勉強と子育てに集中し、 情熱を感じるキャリアと出会っていない。   やりたいと思ったことを全て白い紙に書き出すと、 一番上に来るのはフォトジャーナリズム。 これは子供の頃からの憧れ。   やってみようかな?   翌日、心より信頼するコーキさんに話してみると、   「おー!やりたいことは、どんどんやっておいたほうがいいぞー!」   と、背中を押してくれた。   そして思い切って即オーダーし、ようやく手に入れたこのハウジング。   面白いことにまた「赤」が寄ってきた。 子供の頃から何かをオーダーすると、違う色を指定していても、赤に仕上がってくる。 欲しいというものがあると、在庫にあるのは赤のみだったり・・・ サーフボード、車、自転車、バックパック・・・   今回もピンクをオーダーしたはずだけど、やっぱり赤になってきた。 縁があるんだな・・・   エンゾが戻らなく、気分の思い日が続いていたので、 […]