ハワイ

優勝に、卒業に、おめでとうDay!

投稿日:

昨日は沢山のおめでとうがあった。

プロサーファーの登竜門である「ステート・チャンピオンシップ」の最終日。
ハワイの各島から沢山のサーファーがアラモアナ・ボウルズへ集まり、波にも恵まれ、とても楽しい週末だった。

その中でもいいなぁと思ったのは、
他の島から来たおじいちゃん部門に出いているおじいちゃん&その応援に来たおばあちゃんが、
ダイヤモンドヘッドを目の前に、会話もなく、一日中のんびりしていた。

長年付き添うと、会話がなくても幸せそう。

セドリックは自分の出番が来るまで、指を加えて寝ていた。
もう19歳なのに、子供の頃から変わってない・・・

ダレン、カイレン、ロバート、私の応援した人達は残念ながら近差で優勝を逃し、2位・・・
全員とっても悔しそうで、「泣くなら、肩貸すよ!」とジョークを言っても、言葉が出ていなかった。

このコンテストは毎年とっても波が良く、しかも今年の女子のロングは4人ヒート。
なのでコンテストディレクターにお願いして、エントリーさせてもらった。

過去にこの大会で2回優勝したことがあるけれど、最近ボウルズでサーフィンを怠っていたので、
セミファイナルではコケまくり・・・

もうダメだ・・・と思った最後の1分でインサイドの波に乗り、うまい具合にチューブに!
キレイにメイクできなかったけれど、白波から出れたので、なんと決勝へ進んだ。
ギリギリ・・・

ファイナルでは波も良く、昨日とっても調子良かったアシュリーがすごいチューブを決めて、
みんなで「ヒュー!ヒュー!」って大盛り上がり。
あまりにも楽しくて集中力が切れ、ヒートというよりはファンサーフィンになってしまった。
結果は4位だったけれど、超楽しいヒートだった。

優勝したステイシアと、準優勝の妹のアシュリーと。

この「アヒナ家」は弟、妹、パパ、ママ、いとこと、全員サーフィンが凄く上手!

3年ぶりにこのコンテストでサーフィンしたけれど、今年の面子は一桁違うぐらい、レベルが高かった。
ハワイのサーフィンのレベルが着々と上がっていることを、肌で実感。

学校&仕事からも開放されている今、気持ちに余裕ができ、性格がすっかり丸くなり、
さらに日本とハワイを頻繁に行き来するようになって一歩ずつ成長してきたため、
最近はコンテストに求めるものが変わった。

今までの「勝ちたい!」モードは消え、「みんなで仲良く、楽しく、お互いのレベルを上げたい!」っていうのが今のモード。
平和ボケかもしれないけれど、今はこれがハッピー。

そして表彰式の後は、ダッシュでアリッサの卒業式。

歯の矯正がチャームポイントで、いつもニコニコ笑っていたアリッサも大人への第一歩を踏んだ。

いつもアリッサのママと間違えられるので、本物のママとも2ショット!

ママも超かわいくて、スタイル抜群!すごい素敵なオーラの持ち主☆

みんなおめでとー!

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.