ハワイで生きる

愛がいっぱい、キッズのサーフコンテスト =デュークス・メネフネ・サーフ・フェスト=

あっと言う間の1週間。

 

先週末から大忙しの理由は、オアフ島での海祭りとも言える 「デュークス・オーシャン・フェスト」が9日間に渡って開催されている。

 

今年で16回目の開催となるこのイベントでは、ハワイを代表する伝説のウォーターマンである「デューク・カハナモク」の生誕127周年を祝い、デュークが海で嗜んだロングボード、パドルボード、スタンドアップパドルボード、アウトリガーカヌー、水泳、タンデムサーフィン、ウォーターポロ、ビーチバレーなど、様々なマリンスポーツの大会が行われている。

 

毎年初日は、 キッズのためのコンテストである「メネフネ・サーフ・フェスタ」から始まり、親達は前日から大忙し!

 

まずヒートの時間をチェックし、場所取り作戦開始。ちょうどキングタイドというスーパーハイタイド(満潮)になる時間なので、前日にビーチを見て、どこまで潮が上がるかを確認。

 

そしてテントをひとつ借りに行き、次はご飯の用意。参加キッズのママ達に連絡し、ポットラックをアレンジ。ハワイ生活で学んだことは、ビーチにいる人達全員を食べさせる勢いで持っていくのがアロハなおもてなし(笑)

 

そして私は5時起きでビーチへテントを張りに行き、場所取り。さすがに暗いうちから一人でテントを立てるのは難しいので、早朝から参加キッズのパパ一人を電話攻めで起こし、お手伝いしてもらった。

 

5時半に着くと、ビーチは既にテントだらけ!!!

 

遅かったか・・・と思うものの、狙っていた潮の満ち引きにも影響のないスポットがちょうど空いていた!

 

テントを二つ立てテーブルをセッティング。またご近所さんの犬のピーナッツを預かっているので、ピーナッツ用に傘を立ててあげ、場所取り終了!

 

そして家へ戻り2度寝・・・

 

お昼頃にビーチへ向かうと、ヒートの時間が1時間以上も早まっているとみんなパニック状態(笑)

 

私は今回初参戦のケントを波に押してあげる予定だったので、急いで海へ入った。

Good job ケント!

 

そしてそこからも大忙し。

ビーチは知り合いばかりなのでお話しながら、ご飯のセットアップ、サーフボードのアレンジ、撮影準備。一番時間がかかったことは、アダムにバーベキュ−の支度をさせることだった・・・

 

アダムは口ばかり動いて手が動かない、ザ・お喋り・・・

 

エンゾは夕方の最終ヒートだったけれど、そんなことをしていたら、あっと言う間に時間がきた。

 

早いもので、エンゾにとって7回目のキッズサーフコンテスト。

 

3歳の時の一番最初のコンテストでは 濡れたジャージが嫌だと大泣きし・・・

 

タンデムで立つのがまだ怖かった頃から頑張って、

 

そしてタンデムから卒業。

 

前回はクラゲに噛まれて大泣きしたり、

メネフネコンテストでは毎回キュートなドラマがあり、多くの人の愛に包まれながらいろんな事を学び、沢山の思い出がある。

 

今回は最初の波でワイプアウトし、2本目は短い波しか乗れないで心細くなっていると、

 

次の波でエンゾが行くと、見ていた観衆が大声援を送ってくれた!

 

この大きな声援が聞こえた時には、私も海の中でウルッ・・・

 

それを聞いたエンゾは一挙に笑顔になり、いつもはグーフィースタンスなのに自然と観衆に向かってレギュラースタンスで立ち、そして手を振った。

 

自信がついたところで、みんなの応援に応えようと何故かこのポーズ・・・

とても嬉しかったから、まずみんなを笑わせたかったらしい・・・

お笑い系は、アダムに似てしまったか・・・

 

サユリはエンゾのボードに片足乗っけて引っ張たり、

 

どっちがパドル早いかと競ったり、エンゾのことをずっと笑わせていた。

 

 

何本乗っても本当に楽しそう・・・

子供は自信がつくと、ここまで変わる・・・

 

あの声援が聞こえた瞬間は心に焼き付いた・・・

堤防から応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!

 

ヒートが終わると、板を乗り捨て走ってビーチへ戻り、みんなで大はしゃぎ

 

キングタイドの満潮時、中央にテントを張った人達は大変なことになると思いきや、

さすがハワイの人達の生命力が高い・・・

サーフボードで防波堤を作っていた。

 

残念なことに今回は表彰式がなかったけれど、その分時間を気にせずみんなでのんびり遊べて良かった!

アンクル達は容赦なく体力を使わされる一方、

 

アンティー達は女性ならではの発想で、子供たちと遊んでくれていた。

とても愛を感じる写真。

そして、さすが女の子のママだなぁ❤️

キュートなアンティー達が顔に落書きして遊び始めると、


すぐに真似っこする子供達

みんな背中に名前を書いてもらって、自慢気!
私はこの後、3枚のサーフボードにキッズを5人乗せてアウトへ連れ出し、

二人ずつ二組はタンデムで、一人はソロで波に乗せまくった。

 

怖がると思えば、お互いに煽り出したり、ここでもたくさんのドラマがあって面白かった。

これはエンゾとケコアの二人乗り。

 

子供たち本当に楽しそうに遊ぶ傍ら、ビーチを見ると大人たちもビールを飲みながらのんびりとした週末を楽しんでいて、

早起きしてテントを張って良かったな・・・と嬉しく思う。

 

ピーナッツもうちへ来てからはすっかりビーチドッグとなり、首のサーフボードリーシュも似合うようになってきた。

 

子供たちは真っ暗になるまで遊び続け、

 

最高に美しい夕焼けを見ながら、最高に楽しかった週末が終わった。

 

これぞキッズのためのサーフイベント。こうしていっぱい遊んで、いろんなことを感じながら、楽しい思い出を沢山作ってくれたら嬉しい・・・

また来年が楽しみだ!

 

開催者の「アウトリガー・デュークカハナモク・ファウンデーション」、そしてイベントスポンサーの皆様に心より感謝です。



コメント