ハワイ

どんな波に乗るかは自分次第

投稿日:

私は「人生ってサーフィンみたい」とよく思う。
いい波に乗れたら楽しく、
波に乗れなければ悔しく、
波に揉まれたら辛い。
コンディションが良ければ楽だけれど、
コンディションがハードならば、
沖に出るまで何度も白波をくらったり、
カレントに逆らって必死にパドルしたり、
沖にやっと出れても、いい波を取るために競わなければいけなかったり、
チャレンジは多いけれど、波乗れたら最高に気持ちよく、
大変なことは承知の上、また沖へ向かってパドルアウトしてしまう。
 
サーフィンを始めてからは、波のメカニズムがすごく理解できるようになり、
「波に乗る」「波長が合う」「波がある」「波風が絶えない」「波に揉まれる」
など、「波」を使った状況を表す表現に、ものすごい感心した。
そして昨日「人生どの波に乗るかは自分次第」というフィードバックを頂いて、
ふと気付いた。
そういえば最近は問題続きだったから、
波を越えることばかりを考えていて、
波に乗ることをイメージしていなかった。
どの波に乗る?
そして思い出したのが、
サーフィンのコンテストでは、波の選択が勝利への鍵。
数年前までの世界プロサーフィン連盟のルールブックには、
「最も大きく、最も良い波の、最もクリティカルなセクションで、
 最もラディカルなマニューバーをし、最も長く波に乗ったサーファーが、
 最高得点を獲得する。」
と、記されてあった。
簡単に言えば、
小波に沢山乗って、どんなに良いパフォーマンスをしても勝てない。
本数を取れなくても、一番大きく一番いい波を忍耐強く待って乗った者が勝つ。
そうだった!そうだった!
そういえばコンテストでよく見るその光景。
勝ちたければ、大きい波に乗るんだった!
しかもフリーサーフィンでも、
私はアドレナリンを感じるほどの、大きい波が好きだった。
だからそれに乗ろうとして沖に出れないでいたのかな???
でもそろそろ、メローな小波にハッピーに乗り続けるのももいいかな???
うーん、どんな人生の波に乗ろう???
どんな波に乗るかは自分次第!
思い出させてくれて、ありがとうございます。
今日はカイマナビーチの沖で水中写真に挑戦。
風が強く、コンディションはさほど良くなったけれど、
10分ちょっと沖へ泳げば、透明度は悪くはなかった。
Swimmer: Sayuri Hashimoto
Diver: Sayuri Hashimoto
これは小百合が撮ってくれた私
写真について再度勉強中なので、
ご意見などがありましたら、是非お聞かせ下さい。
インスタグラム:@mimihoriuchi

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.