サーフィン ハワイ 水中写真

夢は追う!やりたいことは、とりあえずやってみよう!

投稿日:

この一週間、重い日が続くなか、良いニュースもあった。

 

それは16年越し、念願の水中写真撮影用のハウジングが届いたこと。

エンゾが帰って来れない日々が続いたので、嬉しいけれどもお疲れ顔・・・

 

サーフィン撮影に興味を持ってから16年。

大学で写真学やデジタルメディアを3年も勉強したものの、留学生の分際では高価なハウジングまでに手は出せず、

増しては、高価なカメラを水中へ持っていくリスクなどしょえなかった。

 

200ドル程で買える水中カメラは何台も所有するものの、深く潜りすぎて、最後の一台以外は見事全て水没させた。

しかもそういうカメラはシャッタースピードが遅いので、イルカが可愛い顔しても、

シャッターが切れる頃には、そっぽを向いていたり、とても悔しい思いを沢山した。

 

3ヶ月前、とてもチャーミングな紅一点で組織を引っ張る、とても魅力的な女性と出会い、

 

「これから何がしたいの?」

 

というシンプルな質問に、とても心を動かされた。

 

正直プアラニのお店を去って以来、勉強と子育てに集中し、

情熱を感じるキャリアと出会っていない。

 

やりたいと思ったことを全て白い紙に書き出すと、

一番上に来るのはフォトジャーナリズム。

これは子供の頃からの憧れ。

 

やってみようかな?

 

翌日、心より信頼するコーキさんに話してみると、

 

「おー!やりたいことは、どんどんやっておいたほうがいいぞー!」

 

と、背中を押してくれた。

 

そして思い切って即オーダーし、ようやく手に入れたこのハウジング。

 

面白いことにまた「赤」が寄ってきた。
子供の頃から何かをオーダーすると、違う色を指定していても、赤に仕上がってくる。

欲しいというものがあると、在庫にあるのは赤のみだったり・・・

サーフボード、車、自転車、バックパック・・・

 

今回もピンクをオーダーしたはずだけど、やっぱり赤になってきた。

縁があるんだな・・・

 

エンゾが戻らなく、気分の思い日が続いていたので、
気晴らしに30分だけ持ち出してみた。

 

設定も何も考えられず、ただ何回かシャッターを切ってみたら、

ピンぼけして色もイマイチだけれど、いい瞬間はとらえていた。

 

数年ぶりに会うドミニックの笑顔とダブルシャカのハッピーサフィン。

これにはとても癒された。

 

ハウジングやレンズ、そしてスーツケース半分埋まるほどのお土産まで、
飛行機に乗る直前まで走り回って、日本から持ってきてくれたカメラマンの太郎。

酔っぱらいすぎで、洗礼受けてた。

 

何と言っても水の中が気持ち良く、気持ちが少し楽になったのを覚えている。

 

やっと元気になったので、これあら水中写真を追求できそう!

 

「あれやっておけば良かった!」って後で言いたくないから、

 

やりたいことは、とりあえずやってみよう!

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.