ハワイ

メモリアルデー =燈籠流し=

投稿日:

昨日は3連休の最終日であるメモリアルデー。

「メモリアルデーってなんのメモリアル何だろうね?」

とエツさんに言われ、確かに!

この11年間、メモリアルデー・ウィークエンドといえば、
「Surf into Summer」という、日本で云えば海開きのような毎年恒例のサーフィンのコンテストがあり、
全くもって気にしたことがなかった。

メモリアルデーとは、戦争でアメリカの為に命を落とした軍人を追悼する日で、
南北戦争後からはじまり、第一次世界大戦後からいろいろな行事が行われるようになり、
5月最終の月曜日を休日とするようになったらしい。

そしてハワイでメモリアルデーのイベントといえば、「ランタン・フローティング」として知られる燈籠流し。

今まではコンテストに集中していて行ったことがなく、
ちょうどダイアンがピリピリしていた日だったので、心を落ち着けに行ってみようということになった。

そしてビックリ!すごい人!

アラモアナビーチが人で埋まっている!こんなの初めて!

和太鼓やフラのパフォーマンスがあるものの、
VIP以外は見れないようになっていたため(Boo!)、とりあえず音を楽しんだ。

そしてサンセットとともに燈籠流しが始まると、
みんな乗り出し、すごい盛り上がり。

日が暮れだし、メディテーション系の音楽と共に、徐々に灯篭がこっちへ向かってくる。

こんなに人がいるのに、すごい落ち着く。

そのままどんどん流れてくるのかと思いきや・・・

あれ?なんかロープが張っあり、そこで止まった!

それでもロープを乗り越えて、さらに海へと進んでいく燈籠達は、
左端に写っているボートの人達にロープの内側へと連れ戻されていく・・・

そんななか、一人脱出成功!

難関を乗り越えて大海へ旅立つ霊。
ガンバレー!

一方、ロープで止まった燈籠たちは海に道を描いていた。

暗くなると、その灯りがさらに綺麗で、
ダイアンの心もすっかり落ち着いていた。

そして帰り道、ダイアンからの一言。

「なんか燈籠になった気分・・・」

確かに・・・
ものすごい人数が一度に同じ方向へ帰るため、周りを見回すと、
自分達が燈籠のように流されているように見えた

ハワイ在住11年間にして、初めて見た燈籠流し。
なかなか素敵なイベントだった。

来年は海の中から見たいなぁ・・・

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.