ハワイで生きる

42歳、分岐点

以前に何度も書いてるけれど、9月といえば「魔の9月」!

 

だいたい7月中旬くらいから運気が落ち、

大失恋したり、大怪我をしたり、大切なものを失くしたり、

車を盗まれたり壊されたり、仕事でトラブルがあったり、交通事故にあったり・・・

さらに周囲でもカップルが別れたり、離婚したりという話をよく聞く。

 

私の今年はといえば、車がレッカーされたり、念願のカメラハウジングが調子悪いことからはじまり、

エンゾが返してもらえなかったり、学校が西部警察状態になってたり、

また6時間に及ぶ裁判があったりと相変わらずだった。

 

けれどこの時期は人生を考え直す良いチャンス。

 

現在42歳。エンゾも6歳になり、ようやく安定した生活が始まり、そして私も動けるようになり、まず考えることはといえば、

 

もう一人赤ちゃんを最後に頑張るか?

それともキャリアに力を入れていくか?

 

きっと40代前半の女性が多く考えることだと思う。

 

赤ちゃんは恵まれるかどうかという運もあるので、両方同時進行していくのが一番いいのかもしれないけれど、

どちらかに心を決めないと、どちらにもいい結果が出せなそうに心配にもなる・・・。

 

実際、私は去年流産をした。

妊娠したとわかった時は、グリーンカードがなく生活が不安定で、経済面のことを考えるととても心配になり、エコーで動いていない胎芽を見た時は、そんな気持ちが伝わってしまった結果なのか?と、考えたりもした。

 

それ以来、もう一人欲しい!という強い気持ちがなくなり、かといってキャリアに集中するわけでもなく、

アダムとエンゾと、お気楽極楽の生活を続けてきた。

 

この2人がいつも近くにいればいい。私はとても幸せ!と思って過ごしてきていたけれど、もう42歳。

もう一度、心が熱くなるくらい頑張りたい!

私の大尊敬する叔母は40歳で起業し、事業所数300を越えるビジネスを展開している。

また今までに、40代で起業し大成功を収めている素敵な女性達と出会い、強い刺激を頂いた。

 

どっちに転ぶにせよ、まずは自分のいる環境を整理整頓。

まずは断捨離!家と車をキレイにして、そして人間関係!

 

昔、大学院の授業で学んだことを思い出す。

 

  Cost > Reward = Exit Relationship

 (コストが報酬を上回った時、人はその関係を絶つ)

 

すごい衝撃的な教えだった。

これは金銭的なことだけでなく、感情や行動についてのことも表している。

 

思った分、思ってくれているか?

やってあげた分、やってもらっているか?

 

私はシングルマザーでエンゾを出産し、沢山の人に世話になりっぱなしだった。

だからこの方程式は成り立たないと思ったけれど、私はこれをしていないお人よしだから、利用されやすいのだと心理学者にも言われた。

 

確かに・・・

 

お互いに助け合える人といるか?

お互いに成長できる人といるか?

お互いの価値を認め、感謝できる人といるか?

 

よく考えてみよう・・・

 

私は義理人情に熱い世話焼き。

けれどこの方程式をベンチマークに考えることも大切なんだな・・・

 



コメント