ハワイ

完泳 3.84km! ワイキキ・ラフウォーター・スイム

投稿日:

土曜の午後、とっても気分が落ちることがあった。

日曜日、ドルフィンスイムに行くものの、未だに気分がスッキリしない・・・

翌日にはかなり過酷と言われる水泳のイベント、
「ワイキキ・ラフウォーター・スイム」が開催されるらしく、
気を紛らわせるために挑戦してみようと思い、経験者のダイアンに聞いてみると、

「私は選手だったからしょうがなく3回もやったけど、楽しくないよ!辛いだけ!
 だったら夜遊びに行こう!」

と言うと突然迎えに来てくれ、
友達を集めてくれただけではなく、

ロブスターやプライムステーキをはじめ、ワインはボトルで赤と白、
テーブルの上がいっぱいになるまでご馳走してくれた。

なんて思いやりのある人なんだろう・・・

集まった友達はたまたまラフウォーターの経験者が多く、
今までのイベントの話で盛り上がった。

私は遠泳の経験はなし。
しかもプールでなく海。
23歳までほぼ泳げなく、潜るのは得意だけど、距離には自信なし。

トレーニングも全くしていなく、さらには夜11時まで飲み続けたけど、
同席していた1人とやってみようということになり、やっぱり挑戦することにした。

スポットを譲ってくれ、競泳水着を貸してくれたジュリに感謝☆

ビーチへ行くとこんな感じで↓
かなり真剣モード。

スタートのホーンがなると、さらにシリアスで、

私は場違いっぽく思えた。

なので皆さんに先に行ってもらい、
頭の中では、

まだここ?

何でこんな過酷なものにチャレンジしちゃったんだろう・・・

完泳無理っぽいなぁ・・・

でも諦めるというのは納得行かないなぁ・・・

しょうがないからのんびり泳いで見よう

という思考がグルグルに回り、
しばらくすると無の境地に辿り着いていた。

途中では赤ちゃんエイや見たこともない魚に遭遇したり、
効率的な泳ぎ方を試してみたりしていたら、
ゴールが見えた。

最後はゴール地点のカイザーズで波にのり、無事ゴール!

思ったより楽勝で、疲れも全くなかったけれど、
タイムを見ると、なんと1時間53分も泳ぎ続けていた。

でも私にとってはここからが本当のチャレンジだった・・・

帰りはヒルトンからカイマナまでクラスメートと歩いて帰ることにしたのだけど、
ビーチ沿いにあるバーを各駅停車し、覚えているだけで5件。

かなりクラクラにながら車まで5時間かかり、
泳ぐ方が速かった・・・

ホロ酔いでフラフラと歩いていると結構長い距離で、
よくやったなぁ・・・とここで確信。

自信度がまた一歩アップした経験だった☆

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.