コンテスト サーフィン ハワイ

チャイナ・ウエムラ =決勝戦&表彰式=

更新日:

 
 
アダムと空港へタローを迎えに行くところで、
月末だったことに気付き、私は家に残って支払い作業。

 
 

決勝は2時15分からなので、ギリギリでも1時間半前には家を出発したい。
なのに全く帰ってくる様子のないアダムとタロー・・・
 
 

電話をすると「あとちょっとで着く!」というものの、さらに30分経過・・・
男って、やっぱりこんなもの・・・
 
 

既に1時を回り、そろそろキレるか・・・と思う頃に二人が帰ってきた。
そしてタローは既に酔っ払っている・・・
 
 

やっぱり男だけになると、こうなるか・・・
 
 

怒りを察知していた二人は、両手いっぱいにお土産を持って帰ってきたので、
怒りを爆発させることなく、急いでビーチへ向かった。
 
 

お騒がせタローは早速個人売買でサーフボードを買いたいというので、急いでるなかアポをアレンジ。
そんなことをしていたら既にヒート30分前・・・
 
 

ようやくビーチへ到着し、結果はどうだったかな?と思い、ヒート表を見てみると、
一番上に名前があった!

 
 

1位通過♥ しかも次は大好きな幸運の「赤」!


 
 

スコアシートを見せてもらうと、点数の差がかなり大きく、
ということは、セットの波はいまいちだったのかな!?
 
 


 
 

のんびりしていたら、ビーチマーシャルから「早く用意して、パドルアウトしたら?」と言われ、
時計を見たら、既にヒート開始10分前・・・
 
 

急いでパドルアウトすると、次々といい波がくる。
 
 

しかもセットに何本波が入っている?と驚くくらい波が続き、
 
 

全員波に乗っても、まだまだ波が続けていた。
 
 

 

見る限り10分間は波が入りっぱなし。
しかもエメラルドグリーンの本当に美しいクイーンズの波!
 
 

こんなの見たことない!と鳥肌が立ち、
美し過ぎて、ぞくぞく感が止まらない。

 
 

そんなセットを見ていたら、大好きだったメルおじさんを思い出した。
 
 

そして私達の決勝戦が開始。
 
 

あまりにの美しさにサーファー心がくすぐられ、
保守的なコンテストサーフィンはやめ、
「Do or Die!」(一か八か)の思いっきりサーフィンをすることにした。

 
 

私のコーチだったベン・アイパはよくこう言っていた。

 
 

「1位以下は、来年には誰も覚えていない。
2位以下は全て同じ結果。
だから決勝では『Do or Die!』、思いっきりサーフィンしなさい。」

 
 

このヒートは写真がないけれど、私のヒートではセットがあまり入らないと予想し、私がやったことは、
 
 

1本目:
またレフト

 
 

2本目;
セットではないけれど、とてもいい波をキャッチ。いちばんクリティカルなセクションでハングテンしたものの、しっかりはまり過ぎ板が抜けず、白波の上にレイバック。しばらく背中ごと引きずられ、リカバリーを図るものの、起き上がれず・・・

 

 

3本目:
またいい波をキャッチしたものの、ドロップインされる・・・なかなかどいてくれないので、小さめのラウンドハウスカットバック。戻ってもまだどいてくれていないので、またまた小さめのラウンドハウスカットバック。やっとどいてくれたけれどももう波は終わり気味なので、急いでノーズ。長く決めたものの、小さすぎるセクションで意味なさそう・・・

 
 

他の選手達はセットをしっかり乗っていて、いいなぁ・・・あの波・・・と思いながら眺めていた。

 
 

ヒート終了間際にいい波が入るものの、既に乗ってきている。
レフトに行けるけれど得点につなげたいので、賭けで裏の波を待つもののハズレ、波なし・・・

 

 

ヒート終了・・・

 

 

あー・・・・終わったってしまたぁぁぁぁぁ・・・

 Do or Dieで、I died.... 

 

ビリだよ!ビリ!と心で思いながらパドルイン。

 

 

今回はセット待てば良かったなぁ・・・と思っていると、
アダムが「Good job♥」とビーチで迎え入れてくれた。

 

 

「Bad jobだよ!」と言うと、「目立ってたけどなぁ・・・」と一言。

 

 

それはただ単に板がピンクだからじゃないか?
サーフィンをよく知らないアダムには何でもよく見えるっぽい。

 
 

あとはビーチでのんびりし、タローをホテルに送ってまた表彰式へ戻ってくることにした。

 
 

ビーチへ戻るとトロフィーがずらり。
私はたぶんあの一番ちっちゃいのなんだろうなぁ・・・残念だ・・・

 
 

表彰式は4時半からのはずだけれど、
ビーチへ戻ったら、アンクル・チャイナはみんなにスイカ切ってるし・・・

 
 

子供たちも待ちに待って、輪を作って座っているのに、
いきなりレゲエおじさんの、ラップみたいのがはじまった・・・
 
 

アンクル・チャイナへのトリビュートなのだけれど、
あまりにも音程とリズムがズレていて、子供たちはシラー・・・・
しかも長い!終わらない!


 
 

そうこうしているうちに既に1時間経過・・・
ザ・ハワイアンタイム・・・
 
 

ついに結果発表。

 

 

6位から呼ばれるものの、私の名前じゃない・・・
5位、あれ!?また私じゃない・・・
4位、あれれ!?じゃー3位か・・・
3位、リブが呼ばれた!優勝はリブだと思ったのに・・・
ということは2位が私?

 

 

いや、ここまで来たら、もうあの一番大きい、青いトロフィー欲しい!
と思い、2位の名が呼ばれる前に、

 

 

「私勝ったよ!」と、アダムにハッタリを言うと、

「え!?これミミの部門がよばれてるの?」と、全くもっておとぼけのアダム・・・

 

 

そして2位が呼ばれ、優勝者に私の名前が呼ばれると、

「あれ?!ハニー、名前呼ばれてるよ!」と、全くもって状況を把握していないアダム・・・

 

 

トロフィーを貰って戻ってくると、
 
 

「だって目立ってたもん!
特に波の上で引きずられてる時に、起き上がれなかった時の声援は大きかったし。」

 
 

と、まったくサーフィンで判断してないアダム。
 
 

しかし今回の勝ちは不思議でならない。
盛り上げたパフォーマンス点?何だろう?

 

そう思うと、メルが見守ってくれていたのかな?とついつい思ってしまう。
 
 

あの美しすぎたセットを見た時、チャイナの過去のコンテストを思い出した時、
メルのことを沢山思い浮かべてたからな・・・

13年前の、第20回目のこの大会の表彰式より・・・

 
 

Mel, I miss you very much♥
 
 

そしてハニー、いつも応援ありがとう♥

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.