ハワイ

夏休みの思い出

投稿日:

あと7時間後には学校が始まってしまう・・・

3ヶ月に渡る夏休みも「あっ!」という間だったなぁ・・・

思い出に浸ってこの3ヶ月の写真を見返していたら、
懐かしい写真を発見。

リアムが膝の手術をして間もない頃、
気分が落ちているらしかったので、聖水とも言われる海へ連れて行ってみた。

その水へ浸かったせいかリアムはとても元気になり、
そこの近くには潮の満ち引きでできるタイドプールがあると聞いたことがあったので、
とりあえず行ってみることにした。

すると岩場を歩き続け、手も使わなければいけないほどの結構な道のりで、

手術直後の彼には相当きつかったっぽい。

30分以上崖っぷちを進み続け、見つけたものがコレ↓

リアムは喜んでいるけれど、絶対違う!
「写真で見た時は水が透き通るように綺麗で、しかもすごく深かった!」
と不満な私。

なのでさらに進み続けようとすると、潮が満ちてきたから続行は危険だと止められた。

戻りたがるリアムの一方、私にUターンという選択はありえない。

なので間を取ることにして、目の前の崖を登ることにした。

「危ないから先に行け!」と男らしく言ってくれたものの、
真っ直線に登って行く私に「石が転がり落ちてくる!」とか「山の登り方を解ってない!」と攻められ・・・

「じゃぁ二手に別れよう!私右から、リアムは左からね」と提案すると、
「この状況で離れるのも危険!何考えてるんだ!」とさらに怒られ・・・

うるさいので先に上がってもらうことにした。

確かに両手で上手に這い上がって行ってるのだけれど、
「You are crazy!」とボソボソ私の文句を言っているその姿に笑ってしまい、
その瞬間を写真を撮ってみた。

すると両手を離して写真を撮っている私を見て、
さらに首をふりながら怒っていた。

たしかに写真で見ると結構急斜面だったなぁ・・・

しばらくして山道に辿り着き、
帰りは目の前に素敵な景色が広がっていた。

景色を堪能して大満足している私を横に、リアムはまだまだ怒っていたけれど、
「ミミのクレイジーな発想のお陰で、痛みを忘れたよ」
とお礼を言われた。

ヨカッタ

小さな冒険。
楽しかったなぁ・・・

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.