ハワイ

ファースト・ラウンド・クラウン

投稿日:

今日はワイキキで開催された「チャイナ・ウエムラ・ワヒネ・クラシック」というコンテストに参加。

このコンテストは女の子のためのサーフィン大会で、ロングボード、ショートボード、スタンドアップパドルの3種目を競技できる。
各種目で、プロ・アマ、オープン、年齢別という3部門に分かれている。

体力が続けば最高で5部門エントリーできるけれど、全ての部門で決勝に残ると体力が持たない・・・
なので私はロングボードの3部門にエントリー。

今日一番驚いたのは友達のリン!

来月出産でこんなにお腹が大きいのに、スタンドアップサーフィンで頭オーバーの波をサーフィンし、
しかもコンテストで戦ってた!
恐るべし・・・

私はプロ・アマではまぁまぁ波に乗り、ビーチへ戻るとみんなから「良かったんじゃない?!」の声。
いつも厳しいダレンとベティーも「上がってるよ!」と言うので、安心していたらまさかの敗退・・・

かなりの近差・・・
13点(20点満点)出しても、1コケ。
プロの世界は厳しい・・・

こんな動き↓をしても落ちた・・・

そして次はオープン部門。
運悪く毎年恒例のヒート中ずーっと怒鳴る人が一緒で、テンションダウン↓
賞金かかってないし、オマケで出た部門なのでやる気なし・・・
そしてインターフェアをし、1コケ。

こういう最初のラウンドで負ける人のことを馬鹿にして「ファースト・ラウンド・クラウン」と呼ぶ。
まさに今日の私・・・

でもダレンは、私のプロ・アマの結果がどうも納得いかないらしく、一緒にビデオを見て採点してみた。
すると・・・
うーん、やっぱりみんなの言うとおり!どう見ても上がってた・・・

でも、コンテストではこういうことはよくある。
これも運命、That's life!
まぁあと1部門残ってるので、明日がんばるぞ!

今日はタカコも出たので、ゲンキがテントを張ってくれた!
ありがとう☆

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.