ハワイ

ハワイ初!グリーンルームフェスティバル

更新日:

先週末、「Greenroom Festival」がハワイで初めて開催された。

「Greenroom Festival」 とは、サーフィンをテーマにした音楽、アート、映像、写真など、様々なアートをコラボレーションさせたフェスティバルで、今年で11年目の開催となる。日本では既に大人気のイベントだけれど、私はここ15年間ほぼハワイにいたので、このイベントのことをよく知らなかった。
数年前にGreenroomがワイキキにオープンしてからその名を聞くようになり、そしてこの言葉がひとつのサーフカルチャーを示す用語として使われていることを知った。
会場は芝生エリアもあるワイキキシェルだったので、キッズフレンドリー。まず基地を設置。

ベビーカー4台、ワゴン1台。こう見るとすごいなー・・・

最初の数分間はいい子にしていたものの・・・
ジェイク・シマブクロのすさまじいウクレレが始まると、そのテンションにつられて、ボーイズ達が暴れ始め・・・

そして次々に脱走・・・

こんなこともあろうと、エンゾには蛍光オレンジのTシャツを着せ、私の電話番号も覚えさせておいたので、私はのんびりと会場内をお散歩。

ちょっと歩いただけで、見ごとにサーフィン&メディア関係の方々ほぼ全員に会った。すごいイベントだなー・・・

なかでも一番のスーパースターは、Greenroomというブランドを作り上げ、このイベントの発起人である代表の釜萢直起さん!(右)

人違いで話かけてしまったけれど、とても気さくで笑顔が素敵な方でした。

みつおさん、改めてご紹介頂きありがとうございまーす!
様々なアートブースがあったなか、私の一番のお気に入りは「ワイオラココナッツウォーター」。シンプルで美味しくて大ファンです。
オークションブースへ行くと、やっぱりあった!
父ちゃんベン・アイパのボード。一番高くて、なんと4000ドル!
これを見て思い出したのが、そういえば実の息子のアキラが来ていない!
連絡してみると、車が壊れているのでゲスト出演するマクア・ロスマンに乗っけてきてもらうと思っていたけれど乗り遅れたらしい・・・
さすがノースショアーボーイ・・・時間の感覚なし!
基地に戻るとDefTechが始まり、キッズ達はみんなノリノリで踊り出した☆
そしてパンクロックではないのに大暴れ。

みんなバイブが伝わるんだなー。私も初めて聞いたけれど、とっても心地の良い音楽だった。

今回、なかなかいい!と思ったのが、ビッグウェーブサーファーとして知られるマクア・ロスマンの音楽。

マルチなタレントの持ち主だなぁ。

それにしても、こんな素敵な環境で、子供達が走り回れながら、音楽を楽しめるってすごいいい!

裏側にある、サブステージ。

夜になるとドノバンが登場。

最後まで聞きたかったけれど、キッズたちが限界だったので撤収。

コンサートとかと違って、Greenroom Festivalは音楽以外のアートを楽しめ、芝生の上でココナッツスナックを摘みながら地ビールを飲め、何しろ環境が良くキッズ達も大暴れできて、ファミリーで楽しめるいいイベントだった。
第1回目の開催に来れて良かった。これからのハワイでの発展が楽しみ。
睦美さん、今回はご招待ありがとうございました!

マウイから来たカナさん&ヒロさんにも数年ぶりに、会えて嬉しかった!

今度はみんなでサーフィンしたいな・・・

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.