サーフィン ハワイ

チャイナ・ウエムラ・ロングボード・クラシック =ヒートレポート=

更新日:

 

今回が最後のチャイナシリーズのコンテストということで、出場枠は満員御礼。

チーム戦は過去最大で、なんと48チームも参加!

 

 

いつもはトーナメント戦で上位3位がラウンドアップをしていくけれども、

今回は4日あっても 時間が足りないので、年齢別部門ではヒートに関係なく、

3人のジャッジからのより得点の高い2本の波のスコアを合算し、トップ6が決勝へ進む 得点方式。

 

 

金曜に波を見に行くと、珍しく全日のヒート表が出ていた。

 

 

私の名前を朝7時の第1ヒートに発見・・・

 

 

朝一は苦手だからなるべく遅くにサーフィンしたいと、

エントリー用紙にポストイットまで貼って毎回お願いしているのだけれど、

今年もやっぱり第1ヒートに入れられていた・・・

 

 

寝入りたい週末に5時半起き・・・

 

 

けれど海へ行ったらテンションアップ!波がある♥

タイドもいいし、朝一にしてくれてありがとう♥

 

 

第一ヒートなので、アーリーチェックインさせてもらい、のんびーりとパドルアウト。

 

そしてホーンが鳴り、ヒート開始。

 

 

ビーチでマミちゃんが連射してくれていたので、写真と一緒に細かく解説。

 

 

7人ヒートで15分。

波があっても、波取り合戦になること間違いないので、インサイドで待ち、早々に波をキャッチすることにした。

 

 

既にレギュラーは乗られて来ていたけれど、体をほぐしたいし、リラックスするためにバックアップの点が欲しかったので、高得点のつかないレフトの波をキャッチ。とりあえず距離でちょこっと稼ぐ。

これは3点だった。

 

 

2本目は写真がなくよく覚えていないけれど、短いノーズライディングをしたと思う。

5点でていた。

 

 

のんびりと戻っている最中、またインサイドに波が割れる様子。
しかも東うねりなので、絶対リフォームが良くなる!
これは取らなきゃ!

 

 

沖から二人がパドルしてきていたので、急いで真ん中にポジション。

 

 

そこから思いっきりフェイドし、私の波だよ!とクレーム、そしてゲット。

 

 

朝日が眩しく前が見えなかったので、ゆっくりとセットアップし、

 

よっこらしょ・・・と、ハングファイブ。

2日前まで、一ヶ月もサーフィンしていなかったので、動きがかなり重い・・・

 

 

姿勢を正して、長めのノーズライディング。

コンテスト用しがみつき系。
歩幅が広くて、必死さが見えダサい・・・
けれど決勝へ行きたいので、保守的なサーフィン。

 

 

そして大きくラウンドハウスし、

 

 

カットバックをするものの、角度が思っていたより全然なくダサい・・・

二日前にサユリのカットバック見て、同じようにやってるはずだったんだけどなぁ・・・

 

 

まー、一応決めて、

 

 

最後はチーターノーズライディング。これも必死さが見え、ダサい。
でも得点欲しい!とアピール。

スタイルはかっこ悪いけれど、コンビネーションで6.5点でていた。

 

 

そしてヒート終了直前の最後の波。

ちょっとサイズと角度のある波をキャッチしたものの、 風波うねり。

波に手を入れスピードを落とし、カバーアップを狙うものの、そこまで掘れず・・・

 

 

慌てて波の上へ走り、

 

 

トップターンするものの、

 

 

前の波が近くにある。ラウンドハウスができるパワーもないので、

 

 

しょうがなくすぐに切り返し、小さなセクションで無理矢理ノーズライディング。

チェックインの時、古株ジャッジをビーチで見かけたていたので、片手を上げて昔ながらの「点数くれ!」 アピール。

ほぼ点数になるマニューバーはなかったけれど、6点くれた。

もう片手上げていたら、あと0.5はついたかな?

 

 

そしてヒート終了。

セットの波には乗れなかったけれど、楽しかった。

マミチャン、写真いっぱいありがとう!

 

このヒートの結果は1時間待っても出ず、タローが空港へを迎えに来てと言うので、 一度お家へ帰ることにした。

 

 

つづく・・・

 

 

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.