ハワイらしい小学校

やっと落ち着いて、学校へ行けるようになったエンゾ。

 

7月にプリスクールを卒業し、これからはキンダーガーテン。

 

キンダーガーテンとは日本語に訳すと幼稚園となるけれど、日本のシステムに例えると、幼稚園の年長クラスの一年間のことで、小学校の中で行われる幼稚園課程。

 

日本とアメリカの教育制度をうまく比較した表を発見↓

アメリカ情報サイトの「Lighthouseロサンゼルス」から参照。
http://www.us-lighthouse.com/life/daijiten/school-and-education-system.html

 

エンゾが通うのは「チャータースクール」というハワイの中でもユニークな学校で、簡単にいえば私立校のような、 公立学校。

クリントン政権の時の教育改革のひとつで、公教育を改善するために開始された新しいシステム。公費で運営されるけれども、教師、地域団体、保護者が理想とする「手作り教育」を行うのがチャータースクール。

 

この学校では学力より、まずサステイナビリティーやコミュニケーション能力を重視し、またアートやスポーツ、ハワイアンカルチャーなどのクラスが多く組み込まれていて、校内もカラフル。

 

階段といい、

 

壁画といい、

 

プレイグラウンドといい、いちいちかわいい。

 

朝は保護者へのコーヒーサービスもあり、

 

さらにはオーシャンビュー!

以前この学校の裏に11年住んでいて、こんな小学校へ行きたかったなぁ・・・子供が出来たらここへ行かせたいなぁ・・・と思いながら、毎日通り過ぎていた。

 

そしてホノルル地域ではとても人気の高い学校で、越境入学志願者も多く、なかなか入れない。

 

私も引っ越す時は、今の家がこの学区内であることを確認した。

 

しかも校長先生は世界を旅するサーファーで写真家で、なんか親近感を感じる。話してみたら、パタゴニアのアンバサダーになれそうな素敵なオーラを出していた。

 

エンゾはランドセル代わりに、自分の体の半分くらいあるリュックをしょい、名前が入っていて、誰のものよりも大きいと、自慢げに通学している 。

 

リュックは教室の外にかけられていて、これもカラフルでまたかわいい。

 

入学初日から事件が続いたけれど、やっと落ち着いて学校へ行けそうで、本当に良かった・・・

 

これから楽しみだね。

コメント