ハワイ

シートベルトはいかなる時も!

投稿日:

今日マクドナルドのドライブスルーでオーダーを待っていたら、

パーンッ!と銃声のようなすごい音がしたと同時に、車がドスンと揺れた。
そしてエンちゃんが泣き出した。

窓から顔を出し後ろを見ると、なんと後ろから追突されている!

運良くやっちゃんが後ろに乗っていてくれたため、
エンちゃんの無事をすぐ確認でき、すかさず警察に電話。

そして車から下りて、とりあえず相手のナンバープレートの写真を撮り、
「なんでこんなところで?」と聞くと、ブレーキとアクセルを間違えたと言う。

どうりでものすごい勢いで突っ込んできたわけだ。

バンパーだけが損傷だと思いきや、後ろのトランク部分が開かなくなっていた衝撃を受けていた。

ともかくカウンターでオーダーを受け取り、車をパーキングへ移動。
相手の人が降りてきて私達の無事を確認する頃には警察到着。

ここまでで事故からわずか3~5分くらい。

今まで何度か交通事故に巻き込まれたことがあるので、ここからは慣れっこ。
さっさとペーパーワークを終わらし、マックを食べながらやっちゃんとミーティング。

そういえば今日、やっちゃんはうちに来たと同時に、
「事故は近場で起きる!エンちゃんのシートベルトはどんなに短い距離でもしろ!」
と、実家の母のように口うるさく言っていたところ。

グズッたり短い距離な時は、運転中に抱っこしてもらう時もあったのだけれど、
今日はグズってもやっちゃんが拒否したため、きちんとカーシートに入れていた。

サイキックやっちゃん・・・

そしてこの直前も私の運転は無謀だと注意されていたところ。
なのでこのアクシデントは何かしらのメッセージで、不幸中の幸いだという。

確かに!
停まっていても、まさかのドライブスルーでも、
ものすごい勢いでぶつけられることがあるということを学んだ。

そしてその帰りにホールフーズへ行くと、
カートに乗せられたエンちゃんは、やっちゃんにしっかりとシートベルトされていた

この経験から、
ベイビーがどんなにグズってもわめいていても、
シートベルトはいかなる時も着用することをオススメします。

そして万が一アメリカで事故にあった場合、
車から降りる前にすぐ911へ電話して警察へ電話して下さい。

英語がダメでも単語を繰り返したり、日本語で話せば会話は録音されているので、
すぐ通訳をみつけてくれて解読してくれる。

場所がわからなければすぐ周りの人に聞くか、
iPhoneなどGPS付きの電話なら即確認できるし、探してもらえるだろうから大丈夫。

できるなら、特に夜は、警察が来る前は車から下りないほうがいい。

怖いと思ったら、とりあえず相手のナンバープレートの番号だけ覚えておくこと。

Copyright© ハワイで生きる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.