ハワイ

サーフィンから出るアドレナリン

投稿日:

今日はコーツ(アラモアナ・テニスコーツ)で真っ暗になるまでサーフィン♪

臨月に入ったらさすがにサーフィンは出来なくなるのかなぁ・・・?
と思っていたけれど、何気にまだまだ余裕。

Photo by Jim Walsh: http://www.vaninawalsh.com/
ボードの上でも、水の中のほうが体が楽。

今日はセットで頭ちょいぐらいのが入ってきてたけれど、
この位波があるほうが、波が押してくれるのでテイクオフが楽。

でもリーシュをしていないので板を流し、今日はラグーン近くまで2回も泳いだ・・・
コーツでサーフィンしたことのある人ならわかるあのものすごい長い距離・・・
でもかなり良いエクササイズ☆

リーシュなしで驚かれることが多いけれど、妊婦時はリーシュがない方がより安全だと思う。

まずリーシュがあると、板がどう飛んでくるかわかりにくいし、
板を流したら足が引っ張られ、その負担が子宮によくないと思う。

なので私の理論 → 長距離でも泳いだほうが安全

あとよく驚かれ、自分でも驚きなのが、
未だに腹ばいでパドルできること。

Photo by Jim Walsh: http://www.vaninawalsh.com/

いつもより前傾姿勢で膝を曲げればお腹にそこまでプレッシャーがかからないし、
つま先により力をいれれば、きちんと舵取りもできる。

そして一番驚かれるのは、最近出産に向けて骨格がズレてきたせいか、
陸では今までのようにスムースに歩けないものの、ボードの上では普通に歩けること!

昔、当時84歳のラビット爺ちゃん(ラビット・ケイカイ)が、ビーチではヨロヨロ歩くのに、
ボードの上ではササッと、しかもサンセットのパワーのある波の上で機敏に歩くのが不思議だったけれど、
今はそれがよくわかる。

サーフィンから出るアドレナリンってすごい!

今日も帰り道に歩いていて、後ろ姿を見て言われた一言・・・

「I like how you walk!」
 (その歩き方好きだよ!)

きっとペンギンみたいに歩いているんだろうなぁ・・・

Copyright© ハワイで生きる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.