ハワイで生きる

Month: January 2010

13年目

13年目

今日はお父さんの命日、早いものであれからもう13年が経った。 うちのお父さんが最後にしたいい仕事は、お兄ちゃんを運命の人に巡り会わせたこと。 二人はお父さんが他界したその日に知り会った。 それにしても、私のことはすっかり忘れたよなぁ・・・親父・・・ でも今日は少しパワーをもらって、いつまでも踏み切れなかった、ケジメをつけてみた。 かなり勇気がいったけど、今日ならできる!と思ってがんばった。 思ったよりドーンてきたけど、これも良かった!と思える日が来るはず。 今日はゆっくり寝て、明日からまたがんばるぞー! パワーくれてありがとー!

めずらしくキャッスルズ☆

めずらしくキャッスルズ☆

今日はポールの電話で目が覚めた。 ポールはとても優しい写真を撮るサーフ・フォトグラファー。アクションショットというよりは、モデルショットという感じで、特にサーファーガールの写真が上手☆ 「今日はめずらしくキャッスルズが割れてるから教えてあげようと思ってー。」 って、あのとてもゆっくりでメローな声で起きた。ポールを知ってる人はかなり想像がつく? 今日はセットで頭くらいなので、最近GETしたばかりの防水カメラを持ってパドルアウト。 早速ポール発見。 たまには撮られましょう すると沖にいた人たちから、「クレイジー!」って非難の声が・・・ なんでだろうと思うと、「今ロータイドなのに、リーシュもしてないし、カメラまで持ってる!」うーん、確かに浅い・・・ 波が来て、潮が引くと、ゴツッってリーフが現われる。 でも逆に浅いから、他のポイントはイマイチなのに、ここはキレイなフェイスで早めの波が割れていた。 けれどセットの波を掴んで、調子に乗ってインサイドまで行くと、かなりエグイリーフに捕まる・・・ というか捕まった・・・運よく波が来てくれ、水かさが増えて無事だったけれど、かなりギリギリ、久々にビックリした。 うーん、思ったより危ないなぁここは・・・ するとちょうどあのレジェンド&有名サーフスクールのハンス(ヒデマン)が見ていて、大笑いしていた。他の人たちはかなり心配してくれていたけれど、さすがのレジェンドは、ちょっとやそっとの事では驚かないっぽい。 ハンスはやっぱりすごい!スタンドアップサーフィンしてたけど、かなりのレイトテイクオフを、ものすごい角度で板を下ろしてメイクしていた。 ベテランのサーフィンって本当に貫禄あるなぁ・・・大尊敬☆ ビーチに上がると、ライフガードが声をかけてきた。「おー!久しぶり、元気?」 「えっっっ??今の見てなかったの??あんな危なかったのに・・・」と文句を言うと、 「ミミは大丈夫だよ!」って、軽く流された・・・一応女の子なんだけどなぁぁぁぁぁぁ、しかも日本から来た・・・ 万国共通でこの扱いかぁ・・・ 明日もタウンに波があるといいなぁ・・・

理想とする社会人

理想とする社会人

この人は誰でしょう↓ 正解はeBay(イーベイ)の創立者の『ピエール・オミダイア』さん。 ピエールは28歳の時にeBayプロジェクトに取り掛かり、31歳の時には、アメリカの「トップ400・高額所得者」ランキングに入るほど、まさにアメリカンドリームを掴んだ人。 今はわずか42歳。いい顔してるでしょー。 そんなピエールは今ハワイに住んでいる。 eBayを成功させた後、ハワイの経済を援助するために15億円もの個人資金を寄付。またハワイの企業組織&ノンプロフィット団体をサポートするために、「ピエール・ウェイ」や「ウル・ポノ」などの慈善活動団体を立ち上げ、「過剰に稼いだ分は、他に与える」という素晴らしい考えを持った、理想とする社会人。 彼のような慈善活動家を『フィランソロピスト』と言うのだけれど、まだ日本でこの言葉は浸透してないかな!? よく知られるフィランソロピストには、ロックフェラーやビルゲイツ、カーネギー家などがあるのだけれど、ハワイを中心に活動してるのがピエール。 私はeBayのシステムの大ファン。このシステムはどんな人にもフェアにビジネスの機会を与えられ、世界経済を救える素晴らしいプログラムだと思う。 今日ハワイ大学にゲストスピーカーとして来て、会うことが出来た。といっても会場は1000席が満席。私の学部は優先的に前の方の席だったのに、それでもこんなに遠い・・・ 演説が終わり、質問コーナーの時間が来た。質問したい人はマイクの前に並ぶのだけれど、なんと1000人中、たったの7人・・・・ 私はもちろん胸を膨らませ、最後尾に並んでいた。 みんなビジネスの質問だらけ、しかも超長ーい質問。「みんなすごいなぁ・・・」と関心していると、私の順番が来た。 やっと尊敬する人と話せる♥ 私の質問は超短くて、超シンプル。 「You have successfully built your empire and have made generous contribution to many organizations. What is your long-term personal goal?」 (見事成功して帝国を築き上げただけでなく、沢山の団体に寛大な貢献をしてますよね。 ところで個人的な将来の目標は?) と言った瞬間、ピエールも含め、1000人がシーンとしてしまった・・・あーっ・・・また場違いな発言だったのかなぁ・・・ それまでどんな質問にもポンポンッって答えていたけど、ちょっと間が空いてからピエールは、 「どのような形で社会に返せるかというのを常に考えている。 けれどそう聞かれると、定義するのが難しいなぁ・・・。」 と素直な意見を答えてくれた。 そして質問コーナーも終わり、このイベントが終了した後、いろいろな人達から、 「度胸あるねぇ、あの人数の中で前に出れるなんて。」とか、 「すごいいい質問だった。一番良かった。」とか、 「短刀直入、とってもいい聞き方だった!」などかなりお褒めの言葉を頂いた。 超うれしかったけれど、こんな素晴らしい機会に、みんなが質問しにいかないのが不思議だった。 […]

未知の世界 =カイルア&ラニカイ編=

未知の世界 =カイルア&ラニカイ編=

『素顔のハワイ』の撮影2日目はカイルア&ラニカイ探索。   通常トレードウィンドがぶんぶん吹きまわるこの地域は、 波がイマイチなので年に数回しか来ない。 行っても波チェックでお店などはスルーしがちなので、かなり未知の世界。   午前中はまずアリッサとカイヤックに挑戦! 偶然にも同級生であるスティーブ君のお店 「カイルア・セールボード&カイヤック」にお邪魔した。   初めてのチャレンジでワクワク♪ 結構寒かったので、「絶対落ちるな!」とお互いにプレッシャーを掛け合い、 どっちが舵を取るかのポジション争いになったものの、   やっぱり大人は勝つ。私が舵取り! なんて・・・子供相手に本気で奪い取ったこのポジション。 その一方、 「じゃぁアリッサ前でいいよ!」と逆に大人なアリッサ。 いつも可愛い☆   サーファーの目から見ると、カイヤックって「ふーん」っていう感じだたのだけれど 実際やってみたら超楽ちぃ!!! フラットアイランド目指して出発☆   「岸から出たら思いっきり漕いで下さい!」 ってインストラクターのミカさんに言われたので、 言われた通りにしたら、ものすごい力強い漕ぎ方をしていて、 スタッフはちょっとビックリだったらしい・・・   しかもこんなに風の強い日はなかなか進まないのが普通らしいのだけど、 あっという間に到着。 さすがジュニアライフガードのアリちゃんがパートナーだけあって、力強い。   「風が強くて大変だってしょぉ」なんて言われたけれど、 楽しくてあまり風は感じなかった。 みんなで記念撮影   その後はラニカイへハイキングへ行ったのだけれど、 私もアリッサも靴を忘れた・・・・ たまたまシープスキンブーツを持っていけど、すごい変な格好でハイキング   このトレイルはかなり最高! 険しい割にはそこまで難しくないので、冒険気分が味わえるし、 なんといっても景色がほぼ360度見える! モクルアアイランドもバッチリ見える☆ […]

【地球百景】素顔のハワイ =カネオヘ撮影=

【地球百景】素顔のハワイ =カネオヘ撮影=

先月に引き続き、BS-TBSの『【地球百景】素顔のハワイ』に参加させて頂き、今回はカネオヘとカイルアを探索。 サーフィンが中心の私のライフスタイルでは、ノース、サウス、ウェストサイドには頻繁に行くものの、カネオヘやカイルアのあるイーストサイドは何気に知らないことばかり。 ハワイ在住10年目にして始めてクアロア牧場へ行った。 このバス可愛い・・・ クワロアとはハワイ語で「クア=背中」「ロア=長い」という意味があり、その名の通り、カネオヘ地域の大きな背中と思えるほど壮大に山が連なっている。 そしてオアフ島で最も神聖な地域とも言われていて、今でもヒーリングスポットとして知られ、多くの人が訪れている。 カタマランに乗って海から見るとその山の凄さがよくわかったのだけど、天気も良くて、海もきれいで、風も気持ちよくて、超クルージング日和。 とりあえず記念写真☆ 製作のジサイさんとカメラマンのサトルさん♪二人とも世界中を旅していて、ちょっとやそっとのことでは動じないというか、とっても人間が大きくて大尊敬。 私の周りは旅人が結構多いのだけれど、サトルさんはなんと100カ国以上行っているというからビックリ! このカタマランが出向した桟橋は、今でも昔のハワイの雰囲気が漂う。ここは初めてのハワイ移民達が上陸したという言われもあるらしい。 そしてカネオヘのどこからでも見えるのが、チャイナマンズハット↓ どこからでも見えるので、手の上に乗っけてみたり、 頭の上に乗っけてみたりした。 このチャイナマンズハットについての逸話はいくつかあり、両方とも番組中に紹介されると思うのでお楽しみに☆ そしてクアロアの奥へ進むとなんと・・・神様がいた! この神様は日本から来ている「チャンスの神様」。八福神の8番目の神で、チャンスを掴んだら逃さないために、後ろ髪をひっぱられないよう、前髪しかない! しかも良く見ると、片目をつぶっている! 何でだろう???狙いを定めてる?それかウィンクで合図のサイン? そしてその周りにマカデミナナッツの木があり、実が落ちていた。しかも枯れ草に混じり、自然にローストされているように見えたので、割って食べてみた。 こーいうことすると通常は引かれるんだけど、さすが旅慣れた番組スタッフ。興味深々で一緒に食べてくれた☆しかも天然ローストは超おいしかった! この撮影スタッフは本当に仲が良くて、何でも楽しそうに仕事をするので、長い一日がとても楽しい。 木の実から採れた染料を顔に塗り、すっかり戦士になりきる演技派コーディネータのマコトさん。 マコトさんのブログも面白い↓http://accy.jugem.jp/ 前回のカイムキ編は今月25日(月曜日)放映だそうで、詳しくはコチラ↓http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/KDT1000600BS-TBSが入る人は是非☆

西から東へ

西から東へ

亜紀ちゃんとタカオさんのラストデーはまず西へ向かって、とりあえずサーフィン。 ユッコちゃんもいた↓ JPSAショートボーダーズに囲まれて☆ ガールズが揃うと話は長い。亜紀ちゃんもエクステをお直ししたので、とりあえずエクステ話で盛り上がり、海あがりでホラ↓ 40歳になったとは思えないこの若さ! そしていつもこんなガールズトークに、いつも長ーい目で待っててくれるタカオさん↓ ランチ後はイーストサイドのウェード(トコロ)のところへ行き、アキちゃんのニューボードをピックアップ。 ウェードは相変わらずメローで素敵だった。 西から東へ大移動した後は、タウンに戻ってユッチャンで冷麺ディナー☆ タカオシェフは最後の大仕事。牛筋煮込みカレーを作り置きしていってくれた。 一人暮らししていると、こういう気持ちが本当にうれしー。 しかも超おいちぃ! 楽しさと思いやりで心温まって、感謝でいっぱい☆