ハワイで生きる

Month: February 2012

Zzzzzzzz

Zzzzzzzz

昨日、日本からミオちゃんが来た。 さっき到着したばかりだけれど、そうとは見えないほどロコガールっぽいミオちゃん♥ エンちゃんに会うために来てくれたミオちゃん。早速業務開始 エンちゃんと思いっきり遊んだ後は、さすがに疲れたらしく、 寝た・・・エンちゃんのお気に入りの玩具を持ちながら・・・ 横を見ると、 ここでも寝ている・・・ 私も寝よっと・・・

たまには・・・

たまには・・・

いつもはこんなにクールに決めているエンちゃんだけれど、 たまには・・・ 可愛くしてみた♥ アメリカではこういう風に大きなお花を女の子の頭につけるのだけど、エンちゃんが生まれてからどうしてもやってみたくて、気が済むまでやってみた☆ キャワイイ!お澄まし顔☆ これはお笑い系かな・・・ 「まったく・・・エンちゃんはオモチャじゃないのよ!」と怒られるけれど、 着せ替えはママの特権☆ 笑う私のお人形

立ちたがり

立ちたがり

エンちゃんが一番好きなのは、立つこと。 なので今日はいつもとは気分転換、ボディーボードの上に立たせてみた。 打ち寄せてくるる波が気になるようで、もしかして波に強い?と思うものの、バシャン!と突然大きな波に洗礼を受けると・・・ 泣いた 「良かったねー。クレイジーなママの子だけど普通の子だったね!」と冷静なヤッちゃん。 乳母車の中でも、座ってればいいのに、立ちたがる・・・ まだ5ヶ月のくせに、生意気にもつかまり立ちをし、意地でも立ちたがる。 何でそんなに立ちたいんだろう? その横でシートベルトをきちんとされ、大人しくくつろいでいるカイちゃん。生まれてきたばかりだけど、既に性格って出るんだなぁ・・・ それにしても、私の赤ちゃんは小ぶりで大人しくなると信じていたけれど、それは最初だけで、今では巨大でかなり我の強い子に仕上がってきている・・・ うーん・・・これからどうなるんだろう・・・

命綱

命綱

大変ご心配をおかけしました。 今までとても身近な人、大切な人達を亡くしたことはあったものの、今回はあまりにも突然の出来事過ぎて、 しかも数日後には会う予定をしていて、妊娠&出産&子育てもようやく落ち着いた今、久々に正常な気持ちで話したいことが沢山あったから、 謝りたかったこと、伝えたかったことが伝えられなくて、それが喉に詰まってしまい、そして後悔ばかりが頭の中ををグルグル。 皆様からの温かいメッセージやメール、そしてコメントにとても励まされ、またここ数日は夢の中で逢え、ちょっと気が楽になりました。 私にとって命綱のような存在だったメルおじさん。 命綱がなくなった今、今まで通り何も考えないでジャンプしたら、正しく着地しないと潰れてしまう。 これからは子供という守るものもあるから、この経験を活かし、よく考え、前向きに生きていきます。 メルおじさんは大好きなサーフスポットだったサンセットで、最高のサーフセッションを終えた直後に意識を失い、これも考えたら全て起こるべきして起こることっだたと思います。 昔メルおじさんがプレゼントしてくれ、今でもずっと私の枕元にある写真が物語っていました。メルにサーフィンを教えた、大好きなおばあちゃんに呼ばれたんですね。 今から約3年前、「サンセットのカルマ」というブログエントリーから・・・====================================================================================== http://blogs.yahoo.co.jp/mimi96816/5014335.html ハワイはとてもスピリチュアルな島国。歴史も神話に基づいているほど。 そして神聖な場所が多くあり、それはサーフポイントにもある。ノースショアの神聖なサーフポイントとしてよく知られているのはワイメア、そしてサンセットもその一つ。 写真は私のベストフレンドのメルおじさんのサンセットでのショット。サンセットは、若い頃からメルがサーフィンに通い続けた場所。 白線の中にサンバイザーをかぶった女性の顔があるの見えますか? これはメルのおばあちゃんです。メルは、まったく同じ顔をしているおばあちゃんの写真を持ってきて、比べて見せてくれました。 ====================================================================================== メルが自分の骨を撒いて欲しいと言っていたワイキキ沖は、メルとおばあちゃんの思い出の場所。そしておばあちゃんの骨もそこ撒かれました。 きっと今頃は、また二人で一緒に楽しくサーフィンしているだろうな・・・ 次そこでサーフィン出来る日が待ち遠しい・・・

いちばんの人

いちばんの人

沢山の励ましのコメントやメッセージ、本当にありがとうございます。 それぞれの言葉が知恵となり、また勇気を与えられています。読んで下さっている皆様と心をシェアでき、ブログを続けていて本当に良かったと思います。 心から感謝です。===================================================================================== 未だ夜はなかなか寝付けず。まだ4日目だからしょうがない。 ベッドに入る前、「明日からはがんばるぞ!」と思うものの、頭の中はまだまだメルおじさんのことでいっぱい。目が覚めると喉に何か詰まった感じがあり、すごい脱力感。 振り返れば振り返るほど、メルおじさんは常に私を見守ってくれていた。 まだコンテストを初めたばかりでナーバスな時、一番の私の応援団。 それから小さなトロフィーをもらえるようになった時、 今までで一番大きなトロフィーをもらった時、 初めてガン(ビッグウェーブを乗る特殊なボード)と出会った時、 初めてワイメアをパドルアウトする時、 人生で一番パワフルな波に乗った時、人生で一番大きな波を海の中で見た時、 いつも私の近くにいて、メルが近くにいると、私は安全だってわかっていた。 海以外にも、行きたいレストラン、美味しいレストランを見つけると必ず一緒に行ったり、 いい写真が撮れた時はお互いに見せ合ったり、 この10年以上、私の誕生日は絶対ミスらず、卒業式や私の行事ごとには必ず来てくれた。 いい知らせ、楽しいことには一緒に喜んでくれ、悪い知らせ、悲しいことにはいつもポジティブになるように支えてくれ、問題に陥ると常に手を差し伸べてくれ、私を一番応援してくれる一番の味方だった。 家の中を見回すと、メルおじさんがプレゼントしてくれたり、メルおじさんとの思い出のあるものが沢山ある。 こんなに近く大切な人で、私にとことんまで手を尽くしてくれる存在だったのに、私は100分の1も返せていなかった。 さらに去年の私はものすごい意地悪だった。 妊娠してから感情的になって怒ったり、頼まれごとをずっと忘れたり、出産してからはまともに話が聞けなかったり・・・ 今考えると、ああしてあげられたのに、こうしてあげられたのにと後悔ばかり。 考えれば考えるほど、胸が苦しい・・・ 自分をさらけ出しても、そのままを受け入れてくれる存在だったから、それに思いっきり甘えてしまっていたんだなぁ・・・ 私は人生を満喫するということを常に考えていたけれど、自分のことばかり考え、人のことはおろそかにしていた。その存在が近ければ近いほど、何事も後回しにしてしまっていた。 メルおじさんが意識なくベットに横たわっているのを見た時、全てに気付いた。 だから意識が戻っても戻らなくても、これからはずっと面倒見てあげたかった。 私今まで何やってたんだろう・・・

生まれてきた理由

生まれてきた理由

メルの亡くなった翌日、哀しみや胸に詰まった思いを洗い流しに海へ行った。 エンちゃんがいるから、落ち込んでなんていられないし、悲しい顔なんて見せてられない。 ヤッちゃんにいろいろと付き合ってもらい気が紛れるものの、夜になるといろいろ考えてしまう。 そんな私の横で、 笑って、 笑って、 笑いまくってるエンちゃんがいる。 かなりチャレンジングな状況下に舞い降りてきたのに、よく笑う赤ちゃんだなぁ・・・ エンちゃんが生まれて来た理由が、とてもわかった気がする。